2018年6月 1日 (金)

ラオスの人との会話

「昨日、いくら支払った?」

出張に行くと、ヴィエンチャンで宿泊する場所は、たいてい同じゲストハウスに泊まる。
事務所からは少し離れているけど、街中で便利なので、同じところにしている。
そして、自転車や車がない日は、ゲストハウスの前に止まっているトゥクトゥク(ジャンボ)=三輪タクシーに乗って出勤する。

何回か利用するうちに、ゲストハウスの前で客待ちをしているトゥクトゥクの運転手のおじさん達何人かと顔見知りになった。
知り合いになると、値段交渉の必要がなく、住宅街でわかりにくい位置にある事務所までの道のりを説明しなくてよいからラクである。ここ数年は、ずっと同じ値段(4万キープ)で行ってくれるのも嬉しい。

ところが先日、顔見知りが居なかったので、初めての運転手のトゥクトゥクに乗った。
事務所近くの道まで来ると、道路工事が始まっていて、通行止めになっていた。
運悪く雨も降ってきて、そこから歩くには微妙な距離。結局、運転手が通行止めの道路を迂回して、遠回りで何とか事務所まで辿り着いた。
そして支払いをする際になり、初めての運転手なのに値段交渉をし忘れたことに気づいた。
仕方ないので値段を尋ねたら「5万キープ」という返事。いつもより1万キープ高いけど、雨の中結構遠回りをしてしまったし、、、通常の相場としてはそのぐらいになるかと思い、言われた金額で支払った。

で翌朝、常連の運転手のおじさんに言われたのが、冒頭のひとこと。

Dsc09126_2

私が答えるまでもなく「5万キープ払っただろう?」と言ってくる。
「どうして知っているの?」なんて質問を返す暇もなく、おじさんは畳みかけてくる。
「あそこまでは4万キープなんだから、5万キープも支払ったらだめだ。
そもそも最初に値段をちゃんと聞かなきゃだめだぞ。
もし5万キープって言われたら、3万キープって言うんだ。そうしたら、だいたい4万キープになる。
それでもだめなら俺を探せ。昨日は、直ぐ近くの××っていうゲストハウスの前にいたんだ。だいたいどっちかのゲストハウスの前にいるんだ。そしたら、俺が4万で行ってやるから。とにかく、5万はダメだぞ。」
そうやって、事務所に着くまでの間、ずっとおじさんのお説教が続いた。

Dsc09127

ラオス人と話していると、時々こういうことがある。
買い物の値段を聞かれて答えると、そこは高いだとか、どこどこが安いだとか、聞いてもないことを教えてくれる。
その人には得にも損にもならないことなのに、いろいろ(勝手に)心配して、一生懸命に説明(説教?)してくれる人が少なくない。
しかし不思議と、このラオス人の「おせっかい」は、なんだか嫌な気がしないのである。

【東京事務所スタッフ:赤井】

2018年5月23日 (水)

嬉しい出会い

サバイディ―!スタッフの赤井です。

私たちがラオスで実施している活動の中で、一番長く継続しているのは、ラオス語図書の出版です。
ラオス語で読める本を子どもたちに提供したいと1990年からスタートし、コツコツとラオスで印刷出版した本は、現在までに、216種類90万冊になりました。

20161110172900_00001 20161110172900_00004

以前、ラオスの地方で出会った小学校の先生にこう言われたことがあります。
「私は今回あなたと会うのは初めてですが、あなた達の団体のことは前から知っています。
数年前に読んだ本の内容がとても心に残って、その本の裏表紙に書いてあった団体名を覚えていました。」
本の題名を聞いたら、確かに当会が10年前に出版した本の名前でした。

また、日本に来たラオスからの留学生が、イベントで私たちが出版した本をみて「この本、子どもの頃読んだことあります!」ということが少なくありません。
子どもの頃に親しんた本が、日本からのサポートで出版されていたことを知り、あらためて驚く学生もいます。

出版した本が誰かの心に残っている瞬間に出会うのは、何よりも嬉しい瞬間です。

20170602172359_00001 20161110172900_00005

当会が出版してきたラオス語の本を、今週末の「ラオスフェスティバル」http://www.deknoylao.net/news/news_201736.htm

で紹介&販売します。
興味のある方、お時間のある方、是非お立ち寄りください!

新たな本の出会いがありますように。

【東京事務所スタッフ:赤井】

2018年4月 2日 (月)

日本の大学生とラオスの子ども達が学ぶ

2018年2月21日~25日に、四天王寺大学の学生18名が、ラオスの3か所の小学校と子どもセンターにおいて、子どもたちとの様々な活動をおこないました。

小学校では、低学年と高学年に分けて、午前と午後に各1クラスずつ「理科授業」を実施。ラオスではあまり行われていない、実験・体験を取り入れた授業にチャレンジしました。

【糸電話を使った音の伝達を学ぶ授業】 
Siten_img_0277
糸電話を一緒に作ってみよう

Img_0359
声がきこえた?

Img_0342_3
音が伝わる時、糸がふるえているのわかる?

Img_0339
声を出すと喉もふるえているでしょ?

学生達の多くは、学校教員や国際協力の分野で働く道を目指しており、ラオスでの活動をするにあたって、準備を重ねてきたそうです。

【てこ原理を学ぶ”スポンジ飛ばし”】
Img_0326
長さによって、飛ぶ距離がどのぐらい違うかな?


【水のろ過装置を作る】
Img_0394
濁っていた水が透明になった!

Img_5801_2
どうして水が透明なったか自分の考えを堂々と発表

どんなに準備をしていても、想定してなかったことが出てくるのが現場です。学生達は、毎日試行錯誤を重ね、工夫した授業をおこないました。
その甲斐あって、どの小学校でも、子ども達は積極的に授業に参加していました。
身近な材料で作れる実験道具に、教員達も興味を持って見ていました。

Img_0528_2
子どもセンターではミニ運動会を実施。
ちょうど同施設で研修していた教育スポーツ局の職員たちも、休憩時間に、興味津々で見学していました。

Img_0408
1日一緒に過ごすと、分かれるが寂しくなるぐらい仲良しに。

このような取り組みが、ラオスの教育現場の人々に刺激となり、学校での授業に変化が出てくる日を楽しみにしています。

【東京事務所より出張:赤井】

2018年2月17日 (土)

「学校図書室の地域への展開事業」終了のご報告

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。
いつもラオスのこどもの活動に温かいご支援を頂き、ありがとうございます。
ラオスのこどもが4年間かけて取り組んでまいりましたJICA草の根技術協力「学校図書室の地域への展開事業」が1月末をもちまして、無事に終了致しました。
首都ですら、いまだに子どもたちが本を手に取り読む機会が限られているラオスにおいて、農村部で学校を中心に地域を巻き込んだ読書推進活動を展開してきました。
事業地では次のようなうれしい変化が起きています。
学校に図書室ができて初めて教科書以外の本を見た子どもたちが、好きな本を思い思いに手に取り、うれしそうに読んでいます。
Photo
ラオスのこどもとして初めての取り組みとなった地域文庫(村図書室)では、子どもたちに加えて大人の皆さんも読書を楽しんでくれています。
Photo_2
さらには、すべての事業地において地域文庫の関係者の皆さんが、「事業終了後も地域文庫を継続していきたい」と言ってくれています。
この事業をはじめ、ラオスのこどもがラオスで活動を続けてこられたのは、ひとえにラオスのこどもの活動を支えてくださる皆様のおかげです。
心よりお礼申し上げます。
この事業の終了をもちまして、私はラオス駐在スタッフを離任し、ラオスのこどもを卒業させて頂くことになりました。「学校図書室の地域への展開事業」の最後まで携わることができたこと、とてもうれしく、ありがたく思っております。ヴィエンチャン事務所のスタッフとともに、東京事務所と協力しながら、よりよい活動を行うために議論を重ね、試行錯誤を重ねてきました。
「学校図書室の地域への展開事業」は終了しましたが、この事業で開設した学校図書室と地域文庫の活動は今後も継続していきます。むしろ、それぞれの学校と地域文庫にとっては、事業終了後のこれからが本番とも言えます。ラオスのこどもにとっても、本当の意味でこの事業の成果が問われるのはこれからだと、私は思っています。
ラオスには、教科書以外の本を見たことがない子どもたちがまだまだたくさんいます。
引き続きラオスのこどもの活動に温かいご支援を頂けますと幸いです。
Photo_3
ヴィエンチャン事務所図書室にて、ヴィエンチャン事務所スタッフ一同
【ヴィエンチャン事務所 政岡】

2018年1月31日 (水)

先生方の努力に涙

サバイディー!  ラオス駐在スタッフの政岡です。
 
「学校図書室の地域への展開事業」が1月末に終了のため、11月末からヴィエンチャン事務所のスタッフは総出で全事業地を訪問して評価のためのデータ収集を行いました。私も現地スタッフと一緒に事業地を訪問してきて、うれしい変化がたくさん見られました。
今回の私の訪問先のひとつは首都ヴィエンチャンの中心部から車で片道5時間ほどの場所にあるヴィエンチャン県ムーン郡です。標高300メートルくらいのエリアです。東南アジアのラオスでもこの時期、標高の高いエリアは朝晩の冷え込みが厳しく、セーターやコートが必要です。
訪問したポンシヴィライ小学校は少数民族モン族の村にあり、児童は全員モン族の子どもたちです。モン族の母語はモン語でラオス語とは異なりますが、ラオスの学校では授業は原則ラオス語で行われています。
私は1年前にポンシヴィライ小学校を訪問していたので、今回の訪問では1年間でどのように変化しているかな?とドキドキしながらの訪問となりました。
1年前と今回の変化をぜひ皆さんもご覧ください。

図書室の外観
1年前
S

今回
S_2
カラフルになっています!先生方と児童のみんなで協力してペイントしたそうです。

図書室の内部
1年前
S_3
今回
S_4
図書室が使いやすくなるように先生方が考えて、レイアウトを変更したそうです。
1年前はこんな感じで本を読んでいる子が多かったです。
S_5
指で文字をたどりながら読んでいます。ラオス語勉強中の私も同じように読んでいます。

それが今回の訪問ではこんな感じですらすらと読んでいる感じの子が多かったです。
S_6
多くの子どもたちがおはなしを楽しんでいるように見えました。

実際にどれくらい本を読んでいるか?は尋ねてみると、よくわかります。
図書室担当の先生(写真左の男性)は「100冊以上読んでいますよ!」と力強く答えてくれました。読んだ本のタイトルを訊いてみると、次から次へとすらすらとタイトルを挙げてくださいました。インタビューをしていたALCスタッフもインタビューを側で聞いていた私も「この先生は本当に100冊以上、読んでいる!」とうれしい気持ちでいっぱいになりました。
S_7

子どもへのインタビューでも、好きな本のタイトルが次々に出てきます。インタビューを受けているときにリラックスして堂々とインタビューを受けていました。
S_8

1年前のインタビューでは子どもたちは緊張している子がほとんどでした。「好きな本はどの本?」と訊いてみてもタイトルを答えられない子ばかりで、「その本を持ってきてくれる?」とお願いして本を持ってきてもらいました。
S_9
うれしい変化がたくさん見られた一方で、多民族・多言語国家ラオスの教育の難しさをあらためて感じる場面もありました。モン族の子どもたちは、母語のモン語とは異なるラオス語の教科書を使って、ラオス語で授業を受けるという厳しい状況で勉強しています。今回の子どもたちへのインタビューでは、小学校4年生の女の子で一人うまく質問に答えられない子がいました。
S_10
インタビューに付き添ってくれた図書室担当の先生(写真左の女性)が「この子は(ラオス語で尋ねられた)質問の意味は理解しているけれど、うまくラオス語で答えられないの。ラオス語は読めて、一人でたくさんラオス語の絵本を読んでいるのよ。」と教えてくださいました。
このような厳しい現実にも直面しましたが、ポンシヴィライ小学校の図書室活動がこの1年ですばらしくよくなったことは、同行した県教育局と郡教育局のスタッフの方も絶賛していました。県教育局の方は「ヴィエンチャン県の事業対象校のうち小学校ではポンシヴィライ小学校がベスト!」とまでおっしゃったほどです。
図書室担当の先生にお話を伺うと、図書室運営をサポートする児童の図書ボランティアが小学校4年生と5年生の合計33名いて、5年生の卒業に備えてすでに3年生の児童を対象に図書ボランティア研修を始めているとのこと。私は、先生方が学校図書室を継続的に運営していく強い意志を感じました。
この1年間のポンシヴィライ小学校の素晴らしい変化とラオス語を母語としない子どもの置かれている厳しい状況の両方を目の当たりにして、私は胸がいっぱいになって、思わず涙がこぼれてしまいました。この1年間、ALCスタッフはいろいろと工夫しながら学校への働きかけを行ってきましたが、現場の先生方がやる気になって実際に行動を起こしてくれなければ、変化は起こりません。先生方が様々な努力を積み重ねてくださった結果が、学校図書室の活性化につながり、子どもの変化につながります。
これからも引き続き、現場で頑張る先生方へのご声援をよろしくお願いいたします。
 
【ヴィエンチャン事務所 政岡

※「学校図書室の地域への展開事業」はJICA草の根技術協力の一環として実施しています。

2017年12月30日 (土)

ラオスから感謝をこめて

サバイディー。ラオスへ出張中の赤井です。
東京で仕事をしている時に、いつも感じていること。それは、この「ラオスのこども」という団体が、たくさんの方々に支えられているということです。

「応援しています」といったメッセージを添えてくださる方、長年ご支援し続けている方、毎月定額をお振込みくださる方、金額や回数は様々ですが、それぞれの皆様からラオスの子どもたちを支援したいというお気持ちが伝わってきます。
皆様からいただいたご寄付に、心をこめて領収証やお礼状をお送りしておりますが、もっと感謝の気持ちをお伝えしたいといつも考えます。

そんな皆様への感謝の気持ちにかえて、今年私が出会った、学校や村の図書室を利用するラオスの人々の声を紹介します。

「この本面白いよ~」
休み時間に読み始めた本。
このあと、授業開始の鐘が鳴っても、本を読み続けていました。
Dsc08803_re_3

「ほら、この料理なら簡単に作れそうだよね」
「あらそうね、やってみようかしら」
Dsc08726_re

「学校が休みの時も、地域文庫で本を読むことが出来るんです。だから、両方あるのがとても助かります」
Dsc08937_re

「文庫を利用してどうかって? だって、本を読むってそりゃ楽しいよ。昔話の本とかも面白くってさ。」
Dsc08997_re

「この地域文庫以外に、私には本を読める場所がありません。だから、この場所が本当に必要なんです。」
Dsc08883_re

皆様からのご支援によって、このような嬉しい言葉を聞くことができました。
この1年間本当にありがとうございました。
新しい年もどうぞよろしくお願い致します。

【スタッフ赤井(ラオスに出張中)】

2017年12月25日 (月)

ラオスの防寒

サバイディ! ラオス出張中の赤井です。
日本はとても寒い日が続いているようですが、こちらラオスも先週から、とても寒くなっています。
亜熱帯気候のラオスでは、年間を通して温かいor暑いのですが、この季節だけは、夜から朝にかけてとても寒くなることがあります。先週は、朝の気温が10度を下回る日もありました。
どの家にも学校にも、基本的に暖房器具がありません。ですから、どのようにして暖をとるかといえば、もうたくさん着るしかありません。服だけでなく、毛布や布を身体に巻きつけている姿も見かけます。

地方の学校でみかけた教室の風景をご覧ください。
手前の女の子達は、ふたりで1枚の毛布に仲良くくるまっていました。Resize0077_7

元気な中学生男子。なぜか皆同じような布を巻いていました。
Resize0073_15

ある小学校では、教室の中が寒いため、椅子を校庭に出して、少しでも温かい太陽の出ている下で授業をしていました。
Resize0075

Resize0074

太陽の温かさを身に染みて感じるラオスです。

【スタッフ赤井:ラオスに出張中】

2017年12月 8日 (金)

みんなで折り紙!

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。

今日は、私たちがラオスで広めようとしている折り紙を紹介させて頂きます。

子どものころ、日本の伝統的な遊び、折り紙に夢中になった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。インターネットで少し調べただけで、「折り紙」は子どもたちの「空間認識能力を向上させる」、「脳を活性化する」、「集中力や発想力を養う」と、良いこと尽くめ。

難しいことはさておき、折り紙は紙だけあればどこででもできるアクティビティーで、折り紙を体験した子どもたちの多くは大好きになります。自分の好きな色や柄の折り紙を選んで、自分ならではのオリジナルな作品が出来上がるので、出来上がった作品をうれしそうに持って帰る子どもたちも多いです。

「ラオスのこども」は、そんな折り紙を広めようと、「ラオス折り紙ハンドブック」を2014年に出版しました。
1_resize0066

ハンドブックは、私たちが支援している学校図書室や地域文庫の蔵書に入れています。図書室の開設時や訪問フォローアップ時には、折り紙の本を活用してもらおうと、スタッフは子どもたちや図書室の運営担当者の方たちと一緒に折り紙を行っています。

「学校図書室の地域への展開事業」の事業地、北部ルアンナムター県ナーレー郡モックチョン村の地域文庫を訪問した際に、折り紙で手裏剣作りを行いました。そのときの様子をご紹介します。なお、ALCのスタッフたちは「手裏剣」を「星」と言って紹介しています。

モックチョン村はルアンナムター県の中心部から車で未舗装の山道を1時間半ほど行ったところにあります。クム族という少数民族の村です。クム族の人たちの母語はクム語です。

ここの地域文庫は小さい小屋なので(以前にブログ「村のみんなでつくる地域文庫」でご紹介したところです)、近くにある小学校の教室をお借りして、折り紙教室を実施しました。子どもたち、地域文庫の運営担当者、地域文庫の運営ボランティアの中高生などが参加してくれました。

まずは、配られた2色の折り紙をそれぞれ細長く折ります。どの子も真剣そのもの。
2_resize0067

細長く折った2色の折り紙を組み合わせていきます。中央で子どもたちにお手本を見せているのは、左からナーレー郡教育事務所のスタッフの方、地域文庫運営ボランティアの中学生、ALCスタッフのパン。
3_resize0068

男の子たちも手裏剣づくりに夢中です。
4_resize0069

ボランティアのお姉さんが小さな女の子を優しくフォローする姿もありました。
5_resize0070

2色折り紙を組み合わせるところが少し難しかったようで、パンが「できたかなー?」と声をかけると子どもたちが「これでいいのかなあ?」「わからないから教えて!」とたくさん集まってきました。
6_resize0071

出来上がった手裏剣と一緒にパチリ!
7_resize0072

男の子も女の子も折り紙を楽しんでくれて、子どもたちが折り紙を楽しむ姿に、地域文庫運営担当者の方の顔がほころんでいました。

このように子どもたちが夢中になって取り組む折り紙をさらに普及するため、「ラオスのこども」は、小学校の先生や「子どもセンター」のスタッフ向けに「折り紙ワークショップ」を開催しようと冬募金に取り組んでいます。このワークショップを通して、先生方が折り紙を取り入れて、学校での活動をより楽しいものすることができますし、子どもセンターのスタッフの方々はセンターの活動をより魅力あるものにすることができます。どうぞ冬募金にご協力くださいますようお願い致します。http://www.deknoylao.net/news/news_201724.htm

【ヴィエンチャン事務所 政岡】

※「学校図書室の地域への展開事業」はJICA草の根技術協力の一環として実施しています。

2017年11月17日 (金)

最近、人気急上昇の本

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。

私たちが支援している学校図書室や地域文庫で人気の本は、なんといっても絵本です。ラオスの絵本に加えて、「ラオス語絵本プロジェクト」で皆様にお送り頂いている「おおきなかぶ」や「3びきのやぎのがらがらどん」なども大人気です!絵本にラオス語の翻訳シートを貼ってラオスに届けてくださる皆様に心からお礼申しあげます。「おおきなかぶ」は、よく学校で子どもたちがお芝居にして楽しんでいます。
171031_2
ルアンナムター県のナムゲン小学校

実は、最近、人気急上昇の本があります。それはいったい何の本でしょう???
Resize0054

それはお料理の本なんです!と言っても、一見したところお料理の本だと分からないですよね?この本は、ラオスで活動する日本のNGOが作成した職業訓練のテキストブックです。ぜひ多くの方に読んでほしいと寄贈して頂きました。

私たちが現在実施している「学校図書室の地域への展開事業」* で農村部に開かれた地域文庫には、これまでお料理の本を何種類か取り揃えていました。しかし、ラオス料理の本ばかりでした。「ラオス以外のお料理の本があったらなあ!」という声を、利用者からちらほら聞いていました。また、私たちが日本のNGOということもあり、「日本のお料理の本はないの?」と尋ねられることもありました。

そこに登場したのがこの本です。この本は、ラオス料理、西洋料理、日本料理の3冊セットになっています。紹介されている日本料理は、味噌汁、豚汁、ほうれん草の胡麻和え、冷奴、かぼちゃの煮物、筑前煮、肉じゃが、おでん、サバの味噌煮、茶わん蒸し、鶏のから揚げ、天ぷら、コロッケ、とんかつ、豚の生姜焼き、お好み焼き、だし巻き卵、親子丼、五目炊き込みご飯、カレーライス、おにぎりと盛りだくさんです。
Resize0045

ヴィエンチャン県フアン郡のナプーン村地域文庫にて。
Resize0046

蔵書登録作業をしていたお母さんは、手を止めて、つい読んでしまっています。

Resize0047_2


ヴィエンチャン県フアン郡のバンドン村地域文庫でも、
Resize0052

子どもたちも手に取っています。
こちらもバンドン村地域文庫にて。
Resize0051

「へー!日本のお料理ってこういうのなんだねー」「おいしそうだねー」「作ってみようかなー」「作れるかなあ?」なんて本をきっかけに話がはずみます。1冊の本が読者の世界を広げ、新しい体験につながっていくのを見ることができて、私もワクワクした気持ちになりました。

村の子どもたちも大人たちも、本を通して新しい世界に出会えるように、引き続き支援してまいります。ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

【ヴィエンチャン事務所 政岡】

*「学校図書室の地域への展開事業」はJICA草の根技術協力事業の一環として実施しています。

2017年11月10日 (金)

ラオス最大級のお祭り タートルアン祭り

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。

少しご無沙汰してしまい失礼しました。
ヴィエンチャンは5ヶ月にわたる雨季が終わり、乾季に入りました。ほとんど雨が降らなくなり、気温が下がって最高気温で30度くらいです。とは言っても、湿度が低いので日本の30度よりはずっと過ごしやすいです。

先日、ヴィエンチャンではラオスで最大級のお祭り、タートルアン祭りが行われました。今日は、そのお祭りをご紹介します。

タートルアンはヴィエンチャンのシンボルと言えるラオス仏教のお寺です。ヴィエンチャンに遷都したセターティラート王の命により16世紀半ばに建立されました。高さ45mの黄金の塔で、中には仏陀の骨(仏舎利)が納められているのだそうです。
1


タートルアン祭りは、毎年11月頃(太陰暦12月)の満月に行われます。全国から僧侶が集まると言われており、ラオスの仏教者にとって、もっとも重要な行事のひとつです。

お祭りの1週間ほど前から、タートルアンの前にある広場には見本市として企業やNGOのブースの出展があり、いろいろな屋台も立ち並んで、多くの人で賑わいます。

2
タートルアン広場の入口

私がおもしろいと思ったのは、立ち並ぶ屋台が食べ物や飲み物の屋台だけでなく、携帯電話や洋服、大型スピーカーやマットレスなど日本のお祭りの屋台ではありえないものがいろいろあったことです。
広場には大型ステージが設置されていて、各民族の伝統舞踊などが披露されます。
この期間、毎日夕方はタートルアン方面へ向かう道が大混雑していて、さすがラオス最大級のお祭りということを実感しました。

お祭りの最終日(満月の日)は、早朝からたくさんの人々がタートルアンに集まり、僧侶による読経が行われ、人々は一斉にお祈りを捧げます。

タートルアンは暗くなるとライトアップされるので、私は夕方からお祭りに行きました。人々は火をともしたろうそく、お花、お線香を手に、タートルアンの黄金の塔の周りを時計回りに3周回ってお祈りを捧げます。
3


3周回ったら、ろうそく、お花、お線香はタートルアンに捧げます。私も見よう見まねでお祈りを捧げました。
Photo4


日が暮れるにつれて、お参りにやってくる人がどんどん増えてきます。ライトアップされたタートルアンとお祈りを捧げる人々の姿はとても幻想的で厳かな気持ちにしてくれました。
Photo5


Photo6

仏教国としてのラオスをあらためて感じる一日となりました。

タートルアン祭りは年1回ですが、タートルアンのライトアップは毎日行われています。皆様もヴィエンチャンにお越しの際は、ぜひライトアップされたタートルアンを訪ねてはいかがですか。

ラオスより、この国の人々の、そして皆様のご多幸を心よりお祈りします。

【ヴィエンチャン事務所 政岡】

«2017夏 リコーダー・創作ダンス教室<後編>

フォト
無料ブログはココログ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30