2016年11月22日 (火)

10日後の図書室

スタッフの赤井です。
ラオス出張で訪問したヴィエンチャン県のナムプーン中等学校の図書室。
Dsc06295

半年前の中間評価で「ベスト図書室」に選ばれただけのことはあり、図書がきちんと整理され、30名の図書ボランティアがとてもよく活動していました。
 
Resize0326_4
図書の返却作業をする図書ボランティア
 
Resize0327
返却は窓からおこなっています
(返却と貸出の場所を分けることで、短い休み時間でも作業をスムーズにおこなえるように工夫していました)
 
図書ボランティアは曜日毎に担当を決めて、図書の貸出しや図書整理などの運営を担っています。日本でいうと「図書委員会」ですが、学校活動で委員会のシステムがないラオスでは、どちらかというと”クラブ活動”のような感じで、ボランティアに参加している生徒たちはとても楽しそうにそして誇らしげに活動をしていました。

でも、この出張から日本に戻った直後、ショックな連絡がラオスから届きました。
Fb_img_1478653225977_2
ナムプーン中等学校のある村一帯が、洪水の被害にあったとのこと。

私たちが訪問したあと、雨が降り続き、川の水が溢れたそうです。学校の生徒や先生は幸い無事でしたが、図書室の本の半分が水に浸かってしまったそうです。
Img20161109wa0004
 
本がきれいに並んべられ、多くの生徒に利用される様子を見てきたばかりだけに、わずか10日後の様子にただ驚くばかりです。
でも、あれだけ熱心に活動していた学校なので、きっとまた、元のような図書室に戻してくれることと思います。次は嬉しいニュースが届くのを待ちつつ、濡れて使えなくなってしまった本の分について、新しい本をどう確保するかを考える日々です。
【東京事務所:赤井】

2016年11月 7日 (月)

11/19「活動ミーティング」にお越しください

スタッフの赤井です。10月24日から約2週間の予定でラオスに出張しています。
一週間農村部に滞在し、昨日ヴィエンチャンに帰ってきました。いつもは小さな街に思えるヴィエンチャンが今日はやたら都会にみえます。
農村部では、今、会として取り組んでいる「村の図書館」と「学校図書室」の活動を調整しました。
ラオスの農村部には、図書館も本屋さんもありません。そのような中で、地域に図書館をオープンすることにはいろいろな挑戦が伴います。村の人たちは本に興味がないわけではないけど、まだ本というものに馴染んでいないという感じです。
学校図書室もここまで来るのに時間がかかっていますから、新たな試みである「村の図書館」も時間をかけて取り組まねばならないものだと実感しました。
そんな中での、うちのラオス事務所スタッフ達は、図書館システムを理解してもらうために、村長や役員に根気よく説明をしたり、村の人が興味を示した事柄について書かれた本を紹介するなど、村のペースに合わせて頑張っていました。
この続きは、11月19日(土)に行われる「活動ミーティング」でお話しします。
http://www.deknoylao.net/news/news_201616.htm
ぜひお越しください。
Dsc06973_2
朝靄の中、あちらこちらで稲刈りをしていました。
【東京事務所:赤井】

2016年10月31日 (月)

季節の実り

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。

 

日本は柿やりんご、ぶどうなど秋の果物が美味しい季節ですね。今日はヴィエンチャン事務所で採れた季節の実りについてお伝えします!

 

ヴィエンチャン事務所は大きめのお家を借りて事務所として利用しているので、広めの裏庭があります。ラオスの家にはよく果物の木があるのですが、ヴィエンチャン事務所の庭にもたくさんの果物の木があります。マンゴー、ココナッツ、パパイヤ、ジャックフルーツなど。私はマンゴーやパパイヤが木になっているところをラオスに来て初めて見ました。

 

さて、本日ヴィエンチャン事務所の庭では大きなパパイヤを収穫しました。

1

さっそくスタッフが皮をむいて、切り分けてくれて、スタッフ全員で食後のデザートに頂きました。

2_2

パパイヤやマンゴーを切り分けるラオス人スタッフを見ていると、みんな本当に器用に手際よく皮をむいて切り分けます。見ていてほれぼれするほど!きっと子どものころから切り慣れているんでしょうね。

3

肝心のお味ですが、甘くておいしかったです!食後でしたが、みんなでパクパク食べてしまいました。甘いものは別腹ですね!

今日は完熟したパパイヤを頂きましたが、ラオスではパパイヤやマンゴーは青いうちに食べる食べ方もあるんです。はじめは驚きましたが、青いパパイヤやマンゴーもおいしいんですよ!こちらもまた機会があればご紹介しますね!

 

【ヴィエンチャン事務所 政岡】

2016年10月 6日 (木)

やきとり、ビール、絵本、民芸品 大好評!

こんにちは!インターンの葉山です。
10月1日(土)、2日(日)に、お台場のセンタープロムナード公園で『グローバルフェスタJAPAN2016』が開催されました。
ラオスのこどもは、食販ブースと物販ブースの2つのブースを出店しました。2日間とも多くの方がブースに足を運んでくださり、大盛況となりました!
Resize0296_2

食販ブースでは、昨年も盛況だったラオスのこどもオリジナルの「ラオス風やきとり」と、ラオスで有名なビール「ビアラオ」の販売を行いました。1日目は雨が降り寒さを感じる天気でしたが、温かさと特製タレの良い香りが決め手となり「ラオス風やきとり」が完売!2日目は夏が戻ってきたかのような暑さで、ビアラオが完売となりました。
Resize0292_3

物販ブースでは、絵本の展示、絵本プロジェクト体験、絵本・民芸品・コーヒーの販売、活動紹介を行いました。今年は昨年と比べ絵本に興味を持ってくださった方が多く、「ラオス語ってこんな文字をしているんだ」「他の絵本もまだ見てもいいかしら?」「日本の絵本もラオス語に翻訳されているの?」と様々な声を聞くことができ、嬉しく思いました。
Resize0295  Resize0297

また、今週末から3日間8日~10日に、横浜のみなとみらいのグランモール公園にて『よこはま国際フェスタ2016』が開催されます。
http://deknoylao.c.ooco.jp/news/news_201615.htm
こちらのフェスタでも出店予定です!
Resize0294

今回、グローバルフェスタに来てくださった方もそうでない方もぜひ足をお運びください!!お待ちしております♪
【インターン:葉山】

2016年9月21日 (水)

図書館で、楽しい時間

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。
9月19日、内閣府国際青年育成交流事業による16名の皆様のヴィエンチャン事務所訪問を受け入れました。

まずは、私からラオスのこどもの活動について紹介しました。とても熱心に話を聞いて頂いた後は、図書室内を見学。なかでも注目を集めていたのが、日本の絵本にラオス語の翻訳シートを貼り付けた「ラオス語絵本プロジェクト」の本と、当会が出版したラオス語版『絵本 はだしのゲン』でした。長崎出身の参加者は「ラオスでは日本の原爆投下のことがどのくらい知られているのが気になっていた」とのこと。『はだしのゲン』がラオス語で翻訳出版されていたことに、とても驚いていました。

その後は、学校の昼休みに図書室にやってくる子どもたちとの交流タイム。
Resize0284

バイオリンの伴奏による「ふるさと」の合唱からスタートです!日本から持ってきたバイオリンで演奏を披露して頂きました。多くの子どもたちにとって、バイオリンの演奏を生で聴くのは初めての経験だったと思います。みんな(私も!)美しい音楽に聴き入っていました。

Resize0286

Resize0288

Resize0287

折り紙、けん玉、紙風船、ビニールボール、あやとりといろいろなアクティビティで子どもたちと交流して頂きました。ラオスの子どもたちも日本人のお兄さん・お姉さんと一緒に過ごすひとときをエンジョイ!

Resize0291

最後はふたたび全員で図書室内に集まって、音楽タイム。バイオリンの伴奏でけん玉の「もしもしかめよ」、バイオリンのソロ演奏、締めは「上を向いて歩こう」の合唱。
帰り際、名残惜しそうにあちこちで一緒に写真撮影が行われていました。

内閣府国際青年育成交流事業ご一行の皆様、ラオスの子どもたちに楽しい時間をありがとうございました!
【ヴィエンチャン事務所 政岡】

2016年9月19日 (月)

9月、新年度のはじまり

9月、ラオスの学校は新年度が始まりました。
先週まで アセアン会議実施のために休校になっていたヴィエンチャン市内の学校も先週からようやくスタート。真新しい制服に身を包んだ子どもたちで、教室が賑やかになっていることでしょう。
そんな中、思い出すのは、3か月前に訪問した学校図書室のこと。。。
事業視察ツアーで立ち寄ったボリカムサイ県のある学校の図書室。
夏休みに入ったばかりで、学校に子どもたちの姿はありませんが、私たちが支援した図書室の様子を見学させてもらいました。すると、本棚には、ホコリを被った本が重ねて置いてありました。
Resize0281

見学は事前連絡していたので、少しは掃除をした状態なのでしょうが、ほとんどの本は横積みされ、使われていなかったのは一目瞭然です。
聞いてみると、数年前に図書室の担当教員が転勤し、その後運営ができる担当者が居なくて、現在は時々しか図書室を開けていない状態だとのことです。本に添付した貸出しカードを見ると、確かに、4年前までは、貸出記録がついていました。
この図書室が開設されたのは、1999年。開設後10年以上は、稼働していたことになりますが、担当者の転勤を機に、活動が停滞してしまっていたようです。
Resize0283_2
こういう光景を見るのは、残念ですが、初めてではありません。
ただ、担当教員の異動問題は常にあり、これまでさまざまな対策をとってきています。近年オープンしたところでは、活動が停滞してしまう率はかなり低くなってきています。しかし、16年前に開設したこの図書室は、フォローアップの対応が間に合っていませんでした。プロジェクトと支える身とすると、ひたすら「悔しい」の一言に尽きます。

しかし、ここで肩を落として立ち止まってはいられません。
図書室活動の良し悪しに関わらず、どの学校にも等しく新入生がやってきています。今月ぴっかぴかの1年生になった子どもたちが、せっかく図書室がある学校に入学したのに、本を読むことができないなんて!!

現在私たちは、この学校をはじめ、これまでに開設した図書室のフォローアップ活動の計画を立てています。新しい本を届け、担当者の再研修をして、図書室の活性化をおこないます。
しかし、そのための資金が不足しています。目標額にはまだ届いていません。
http://deknoylao.c.ooco.jp/news/news_201612.htm
夏募金の募集は、あと少し、9月末までです。ご支援よろしくおねがいします。
【東京事務所:赤井】

2016年9月10日 (土)

ASEAN首脳会議中の街の様子

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。
皆様、最近ニュースで「ラオス」をよく目にしませんでしたか?
というのも、8日(木)までヴィエンチャンではASEAN首脳会議が開催されていたんです!日本の安倍首相やアメリカのオバマ大統領もASEAN首脳会議にあわせてラオスを訪れていました。
ASEAN=東南アジア諸国連合の加盟国は現在10か国でラオスは今年議長国を務めています。そのため、今年はASEANのいろいろな会議がラオスで開催されていたのですが、そのクライマックスが今回のASEAN首脳会議です。
街中にはASEAN首脳会議を歓迎する表示や、参加国の旗があちこちに飾られるなど、ASEAN一色です。(写真は、警官にびくびくしながら何枚か撮ったのですが、家に戻ったらなぜか一枚もSDカードに入っていなくて・・・お見せできなくてごめんなさい!)
アメリカ大統領がラオス初訪問するということもあり、ヴィエンチャン中心部のセキュリティが大幅に強化されるとの情報を私たちは得ていました。こちらの報道では、会議会場、各国外交団の滞在予定のホテルは関係者以外立ち入り禁止、学校は9/5-9/10まで休校、主要道路は交通規制。中央省庁、各種役所、民間企業も軒並み休業、主要道路の交通規制は封鎖もありうる、中心部のホテルは期間中予約していてもキャンセルされる恐れありとの情報もありました。「各国首脳が来るからってそこまでやるの?」というのが、私の率直な感想だったのですが、ここはラオス。ラオスのやり方に従うしかありません。
主要道路が封鎖されてしまうとスタッフの通勤が難しいことから、首脳会議期間中、ヴィエンチャン事務所もクローズすることになりました。

Sdsc06059_3
街中で売られていたTシャツ

で、実際どうだったかと言いますと!
・学校は、前倒しで9/2から休校(9/1が新学年の開始なのに、子どもたちは1日だけ学校に行って9/10までお休み)
・今まで見たこともない数の警官(大きな銃を持っている警官もたくさん!)が街にいる(各国外交団の宿泊先のひとつラオプラザホテルの前は5メートルおきに警官がいました)
・市内中心部の主要道路のいくつかは警官が交通規制をしていたけれど、私が出かけたときは通行止めまではしていなかった。会議関係者の車両が通るときは、サイレンを鳴らしてバイクが先導して最優先で通行。
・私たちのカウンターパート、教育スポーツ省とラオス国立図書館は通常通り業務を行っていた模様(どちらも前を通ったら、普通にゲートが開いていました)
・中心部ではお店は普通に営業しているところが多かった
・いつもより数は少ないものの、一般の外国人観光客と思われる人たちもいた
今回、首脳会議のメイン会場は郊外のほうだったので、そちらのほうはもっと警備が厳しかったのかもしれません。時間帯でも違ったのだろうと思います。ですが、私の印象としては、事前に得ていた情報からイメージしていたほどの厳しさではありませんでした。
一方、今回一番影響を受けたのは、もしかしたら子どもたちではないかな?と思いました。長いお休みが終わって今日から新学年のスタートだ!と思って学校に行ったら、「明日からまたお休みです」と言われてしまったわけです。拍子抜けしちゃいますよね?
物事がなかなか予定通りに進まないのがラオスなんだよね!と改めて感じました。
【ヴィエンチャン事務所:政岡】

2016年9月 6日 (火)

インターン便り(4)~ラオス滞在あれこれ~

こんにちは、大原です。3週間のインターンシップを終えて先日帰国しました。
3週間の滞在中、色々なラオス料理を楽しみました!
この写真は、インターン最後の日に、スタッフの方々と一緒に食べたお昼ごはん。ラオス料理は野菜が豊富に使われていて、日本人の口にあうような、そんなに辛くない料理もたくさんあります。そして、お米をたくさん食べます!最初は多すぎる・・、と思っていたのですが、3週間後にはすっかり平らげられるようになっていました・・。

51

週末には、世界遺産に登録されている古都、ルアンパバーンに旅行に行きました。お寺や博物館を訪れたり、郊外に滝を見に行ったり、ゆっくり観光を楽しみました。夜にはナイトマーケットに行きましたが、おもしろかったのは店員さんがとってものんびりしているところ。携帯電話で動画を見ている人、寝そべっている人などくつろぎすぎです・・。タイ旅行でマーケットに行ったときはもっと活気があったので(すごい勢いで売りつけてくる・・)、その違いがおもしろかったです。お国柄でしょうか・・?

52
前日までの雨の影響ですごい水量の滝

53
ナイトマーケット

最終日には、子ども達の発表会を見に行きました。発表会では、学生ボランティアさんに教えてもらったリコーダー、歌、ダンスを子ども達が披露しました。2週間での子ども達の上達ぶりにびっくりでした!近年、ヴィエンチャンでは保護者の教育熱がとても高く、夏休みも塾通いする子どもが多いと聞きました。幼稚園も例外ではなく、子どもに英語を学ばせるため、インターナショナルスクールに入れたがる親も多いとか。でも、今回の発表会のように、子ども達が友達と協力し、楽しみながら取り組める活動もとても大切だと感じました。
3週間のラオスでの滞在はとても充実していて、あっという間でした。ご多忙の中、インターンを受け入れて下さったALCの皆様、本当にありがとうございました。この貴重な経験を将来生かせるよう頑張りたいと思います!
【ヴィエンチャン事務所インターン:大原理依子】

2016年8月31日 (水)

インターン便り(3)~読書感想文の提案~

サバイディー!
ヴィエンチャン事務所インターンの大原です。
先日、ニテート(教育指導官)研修に参加し、色々な本の活用方法(ゲーム、調べもの学習)について知ることができました。そこで、私からも何か新しい本の活用方法を提案できないかなあ、と考えていました。
ラオスでは、学校で本の要約を書かせるそうです。要約では、子ども達は本の内容を理解し、正解を答えることが求められます。でも、本の感想を書いたり、表現したりする機会はほとんどありません。そこで、ラオス事務所のスタッフに、読書感想文を紹介することにしました。読書感想文を書くことで、子ども達が感じたことを自由に表現し、本を読むことがもっと好きになってくれたらいいな、という想いがありました。そういう私は、子どものとき読書感想文が大嫌いだったのですが・・・。
インターネットで調べると、読書感想文の書き方のコツがいっぱいのってる!これ小学生のときに知りたかった・・、と思いつつ、それらを参考に資料作り。「モチモチの木」(ラオス語翻訳を貼り付けた本があります)を読んで、感想文の例をつくって説明しました。
14721859969751

スタッフからは、「ラオスの子ども達は、小学校3年生になっても文章が書けない子どもがたくさんいる。そういう場合はどうしたらいい?」、という質問がありました。やはり、日本とは状況が違うので、先生が補助をしたり、質問をして感想を引き出したり、状況に合わせたアレンジが必要ですね。
ラオスの教育現場にあった形で、この案を活用してもらえればとてもうれしいです!
【インターン 大原理衣子】

2016年8月30日 (火)

リコーダー&ダンス教室実施中~報告⑥~

サバイディー!
今日はついについに発表会でした。
朝から子供達がいつもとは違う様子で、おめかししていたり、そわそわしていたり、緊張感に包まれていてとても可愛かったです!
発表会は、リハーサルのおかげもあり、とても順調に進みました。

最初の「ミッキーマウスマーチ」の合奏では、私達も含め全員で楽しく演奏することができましたし、子供達も自分で作った楽器でとても生き生きと演奏していました!

次のリコーダーではALCもCECも練習の成果をしっかりと発揮していました。私自身演奏を聴いていて、本当によくここまで頑張ったなあと思わず涙を流してしまいそうになるぐらい、素晴らしい演奏でした!
13_img_0682

次の「上を向いて歩こう」の合唱では、練習も含め今までの合唱のなかで一番いい合唱だったと思います。
そして最後の「ドラえもん音頭」では、すごく楽しそうで、その楽しさが私たちにも伝わる素晴らしいものでした。
13_img_0631


この2週間のボランティアを通して、子ども達からたくさんのことを教えてもらいました。
熱心に頑張る姿、真面目に頑張る姿勢、心から楽しむこと、子供達の姿勢をみて、本当に私達も心から楽しく、頑張ることができました。なにより子供達に心から楽しんでもらえたことが嬉しかったです。
お別れするときは私たちみんなが涙を流してしまうぐらい、寂しいものでしたが、この2週間という期間で作り上げた信頼感や絆は一生ものだと思いますし、私の人生においても忘れられない2週間になりました。

13_img_0668
(泣き真似をする子どもたち)

本当に子供達と出会えてよかったです。
そしてこの活動をできたことに感謝しています!
ありがとうございました!!!
(加々美)

«リコーダー&ダンス教室実施中~報告⑤~