« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月21日 (水)

モン族の刺繍

当会でイベントなどの際に、委託販売しているモン族の刺繍小物。0702212

昨日、「こぶたれもん」さんがいらして、品物が入荷しました!

インドシナ戦争の影響で、モン族の人々は隣国タイの難民キャンプに逃れていました。

今、ラオスに戻り、畑仕事の合間に作ったという刺繍の品々はとってもキュート!

化粧ポーチや小物入れなどに使っても可愛いし、男女どちらが持っても平気なデザインだから、知人へのちょっとしたプレゼントにもいいなと思います。私もちょこちょこっと愛用しています 。(東京事務所・関)0702213

2007年2月15日 (木)

梅の花

事務所近くの池上会館に行った帰り、坂道がきついな~とふと空を見上げたら、梅の花が咲いていました。

070215ume

風は強いですが、少しずつ日差しが暖かくなりました。 春の気配をあちらこちらで見かけますね!(東京事務所・関)

2007年2月13日 (火)

今度は中学校へ

こんにちは。

東京事務所スタッフの関です。

Hutaba1_1

先週水曜日のお話ですが、月曜日の高校訪問に引き続き、世田谷区内の某私立中学校へ出前授業に行きました。

生徒の数は21人。クイズや映像、ラオス語講座などを通してラオスのことを伝え、会の活動についても説明しました。あ、もちろん、私は新米なので、スタッフ黒古さんが生徒たちの前で説明。生徒たちも事前学習で、ラオスの政治や経済、文化などを調べていたので、その熱心さに少々ビックリ!

当初は中学生にどこまで活動の事が伝わるか心配でしたが、黒古さんの分かりやすい説明で、生徒たちも最後まで興味津々に聞いてくれました。生徒からは「絵本づくりをまたやってみたい!」「ラオスにいつか行ってみたい!」といった声があったので、なんだか嬉しくなりました。

会の活動が子供たちにも伝わり、今後さらに輪が広がればいいなと思います。

2007年2月 7日 (水)

出前授業に行ってきました

みなさん、こんにちは。

東京事務所スタッフ黒古です。

今週の月曜日、当会理事のOさんと、その日着任したての東京事務所新スタッフの関さんと大田区内の定時制高校におじゃましてきました。

その学校では毎年「国際理解ウィーク」という期間を設けて、その期間は外部の講師などを呼んで、国際理解に関する特別授業を行っているのです。

今年はその中の1コマを当会に関する授業に充ててくださり、講師として、理事のOさんを呼んでくださったのです。

Oさんがその日のために用意していたパワーポイントが開かなかったり、ビデオも音声が出なかったり、とトラブルは多かったものの、そこはさすがOさん、そんなトラブルをものともせずに、よく通る声で、わかりやすく説明し、生徒さんを惹きつけていました。

NHKで制作された「村に本がやってきた!~ラオス・ソプターン村~」という番組のビデオを見ながら、当会の活動を説明したのですが、私は家にビデオがないため、今までそのビデオを見たことがありませんでした。

初めて見て、正直、とても感動してしまいました。

本を手に取ったときの子どもたちの笑顔、そして、「これで子どもたちに新しい世界を伝えられる」とはにかみながら喜ぶ先生。

スタッフとして、「これからもがんばろう!!」と思ってしまいました。

生徒さんたちも、後でリアクションシートを見せてもらうと、関心を持って、授業を受けてくれてたことが伝わり、とてもうれしく思いました。

今後、この授業をきっかけに、この高校の生徒さんたちといろいろな関わりができていくとさらにうれしいなと思っております。

東京事務所スタッフ黒古

2007年2月 3日 (土)

やっと登場!

「ラオスのこども」をご支援のみなさま

いつできるかいつできるかとお待ちだったと思いますが、ホームページに新しいスペースを設けました。スタッフ通信です。

ホームページもリニューアルしようと数年前から準備はしているのですが、どうしてもマンパワーが追いつかず、進行形のままです。しかし、全体の形が整うまでは待ちきれなく、ホームページの内容を少しでも魅力的にするために、このコーナーを設けました。

取りあえず、東京事務所とヴィエンチャン事務所のスタッフが交互?に書き込みますので読んでください。

コメントをくれると、スタッフたちはやる気がますます出ると思います。

どうぞよろしく。   事務局長 野口朝夫

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »