« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月23日 (月)

映画「Sabaidee Luang prabang」

ラオスの映画サバイディー ルアンパバン」を見ました。革命後につくられた33年ぶりのラオスの映画?。 ラオス国営テレビで映画のCMが流れていて、どこで上映しているのだろうと気にしていたら、文化ホールで上映されることが分かりました。文化ホールの入口に上映時間が書いてあったので、さっそく行ってみました。通常、文化ホールでのイベントは入場料無料なのですが、この映画は有料。1人15,000K。1000人入るホールにお客さんは100人ちょっと。

主人公は、オーストラリアで育ったハーフの男性とラオスの女性。主人公の男性のラオス語の発音がクリアでなかったとかで、男性の声はラオス語の吹き替えになっていました。二枚目の俳優さんに三枚目の声。最初は違和感がありましたが、そのうちその声にも慣れてきました。ジャーナリスト(カメラマン)の男性が、パクセでガイドの女性に出会い、恋に落ちるというラブストーリーです。

パクセからコーン島、パクソン、ヴィエンチャン、ルアンパバンと、ラオスの美しい風景が出てきて、ラオス料理、バーシー、結婚式、灯篭流しなどラオスの文化も盛り込まれていて、外国人が見てもラオスの見所が楽しめるのではないかと思います。

ラストシーンは、えっ、これで終わり? 続きがあるの? という状態で終わっていました。http://www.sabaideemovie.com/ このサイトはほとんどタイ語です。 http://laovoices.com/2008/02/21/sabaidee-luang-prabang/ こちらは、英語で書かれています。いくつか映像も見られるようですので、興味のある方はチェックしてみてください。(ラオス事務所・猿田)

2008年6月20日 (金)

ラオスの雑誌

最近、ラオスでも発行される雑誌の種類が増えてきました。英語とラオス語が併記されている雑誌もよく見かけます。若い女性が表紙を飾っている雑誌が多いです。

P10506191 私がよく買っている雑誌は、3種類。『ランカム』。ドッケーという出版社が季刊で発行している雑誌で、なかなか読み応えがあります。『ソークディー』。若い女の子が表紙を飾っている雑誌なので、最初はあまりおもしろそうではないなと思ったのですが、中身を見たら、魚の図鑑のページや少数民族について、ラオスの民話などが載っているので、最近毎号購入しています。そして、『Life Style』西洋人が表紙を飾っていて、表紙にはほとんど英語しか書いていないので、一瞬英語の雑誌?と思ってしまうほどなのですが、中身は、ラオスのものをおしゃれに紹介されています。今号のTOP 10 HIP WOMEN IN LAOSはなかなか興味深いです。一人目が国立図書館のコンドゥアンさん、2人目は当会の元アドバイザーのドアンドゥアンさんです。10人の中には、ラオスで初めてミニマートを開店したピンポンマーケットのオーナーも紹介されています。ラオスのビジネスウーマンも何人か紹介されています。ラオスにお越しの際は、ラオスの雑誌をチェックしてみてください。(ラオス事務所・猿田)

2008年6月19日 (木)

ヴィエンチャンにできたスライダープール

P10505931_2 ヴィエンチャンのタラートサオの先のクービエン通り沿いにスライダープールができていました。先日の日曜日にお客さんが入っているのかなと、プールに隣接しているカフェでコーヒーの飲みながら観察していたら、家族連れや若者などが結構来ていました。

このスライダーをどうやって滑るのかは、まだ不明です。(ラオス事務所・猿田)

2008年6月11日 (水)

ケーンノーマイ(竹の子のスープ)

P10502521 私が最近、ラオス料理をよく食べる場所と言えば、事務所のお昼とチャンターゲストハウス。チャンターゲストハウスではメニューにない、まかない料理を食べさせてもらっています。特に、チャンターゲストハウスの従業員の女性がつくる、ケーンノーマイ(竹の子のスープ)は、絶品です。南部のサワナケーット県出身の彼女がつくる料理は、少し辛め。土曜日のお昼過ぎにまかないを一緒に食べさせてもらったり、ケーンノーマイを作るよと連絡をもらったら、予約をして夜食べに行ったりしています。もちろん、代金はお支払いしています。チャンターゲストハウスのHPは、http://www7a.biglobe.ne.jp/~tnrs/ です。(ラオス事務所・猿田)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »