« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月 7日 (月)

ラオス料理教室を行いました

Resize1352 ラオス料理は食べたことは何度もありますが、ラオスで、ラオスの材料を使ってラオス料理をつくったことは今までありませんでした(日本で、イベントでラオス料理をつくったことはありますが)。いつも食べているばかりだったので、ラオス料理つくってみたいなーと思い、ラオス料理が好きで、ラオス料理に関心を持っている、日本人の友人に声をかけ、ラオス料理教室を行いました。チャンターレストランのSさんがキッチンを提供してくれました。

Resize1353 講師は、ラオス事務所スタッフのカオさんにお願いしました。彼女は、ルアンパバン県出身なので、どちらかというと北部料理になります。

つくったメニューは、ケーンノーマイ(竹の子のスープ)、オラーム(牛肉の煮込み:ルアンパバン料理)、チェオマッククア(ナスのチェオ)、タンマックフン(パパイヤサラダ)とカオニアオ(蒸したもち米)です。

Resize1356 いつも食べている料理にどんな材料が入っているか分からない私たちは、まずトンカンカム市場へ行き、一緒に材料を買うことから始めました。へー、へー、と関心しながら、いろいろなものを買いました。買い物に1時間ほどかかり、そのまま、チャンターレストランに行きました。

何からResize1354初めてよいか分からない私たちは、カオさんが始めた作業を教えてもらいながら、手伝うことにしました。竹の子スープのあの緑色は、ヤーナーンと呼ばれる葉っぱを水の中で、もんで、色素を出したものです(誰がこんな方法を思いついたのだろう、そして、なぜこのヤーナーンの葉っぱを選んだのだろうと疑問はいろいろ湧いてきます)。ナスのチェオは、ナスと唐辛子を水からナベにかけて、ゆっくり火を通していきます。別のナベで竹の子をゆで(日本では米のとぎ汁であく抜きしますが、ラオスでは水でゆでるようです)、煮込み用の材料を下準備し、水に浸けます。竹の子のスープも煮込みもとろみがあるのですが、それらはすべてもち米でとろみをつけていました。豚の脂をあげたケンムーは、そのまま食べるものだと思っていましたが、ナスのチェオ、煮込みなど料理にも使うことができるようです。味付けのResize1355 基本は、パデーック(魚を発酵させたもの)、ナンパー、そして、味の素少しです。もち米も蒸かしました。私たちは少し手伝っただけで、ほどんとカオさんがつくってくれたようなものですが、2時間かけて、やっとできあがりました。ラオス料理は、一つ一つにとても手間がかかっていることがよーく分かりました。

できあがった料理をさっそく皆で食べました。どの料理にも唐辛子を使っているので、口の中が辛くなりましたが、どの料理もとてもおいしくいただきました。なかなか有意義な日曜日でした。(ラオス事務所・猿田)

2008年7月 4日 (金)

皆でケーキを食べました

Resize1351 ラオス事務所では、スタッフの誰かが誕生日の場合、皆で少しずつお金を出し合って、ケーキを買いに行きます。

7/2は、ラオス事務所代表のダラーさんの誕生日。本当の誕生日は7/2で、書類上の誕生日はまた別な日になっているそうです。別のスタッフも本当の誕生日とIDカードの誕生日が違っています。書類を作成する人が書き間違えたとか、田舎の人だと正式な誕生日は覚えていないから、学校に入学するときに縁起がよい日を選んだとか、いろいろな話を聞きます。

また、ラオスでは、皆自分の生まれた曜日を覚えています。私が自分の生まれた曜日は知らないなと言うと、翌日、200年分?の日付の曜日が分かるというキッドをスタッフが持ってきてくれました。ちなみにそのキッドは、円状のもので、スライドできるようになっていて、年、月、日を誕生日にあわせると、曜日が分かるという優れものでした。中国のものだそうです。私の生まれた日は日曜日だったことが分かりました。(ラオス事務所・猿田)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »