« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

祭り前夜

Stupa_thatluang_27oct09昨日から、ラオス最大の祭り、タートルアン祭が始まりました。ビエンチャンのシンボル、黄金に輝く仏塔タートルアンで、陰暦の12月の満月の日までの一週間ほど、タートルアン祭が行われます。祭り開始の一昨日、熱気が高まりつつある仏塔タートルアン周辺に、ラオス訪問中だった当会共同代表チャンタソンと行ってきました。

Thatluang_27oct09_alc_shop_3

ラオス事務所も、仏教団体のテントを間借りし、出店しています。会場の中National_library_thatluang_27oct0_2心ではないので、祭り前日はまだ人がまばらでした。

一方、国立図書館の職員が個人で(!)出しているお店は、会場の賑わ いの中心にあり、子どもも大人も集まって来ていました。当会出版の本もありました。いくらで売っているのか気になります。

Constraction_that_luang_27october_2

翌日から、祭りがスタートというのに、正門がまだ工事中。果たして間に合ったのでしょうか。

満月の日である祭りの最終日(今年は11月2日)は休日で、朝5時ぐらいから、全国から集まった僧侶、大勢の正装した市民が集まり、托鉢、読経が行われるそうです。 (ラオス事務所 秋元)

2009年10月28日 (水)

バナナの使い道

一昨日やっとラオス事務所のインターネットが再開通しました。さっそく、ラオス事務所からの近況報告、赴任して間もない(三週間が経ちました)私の小さな驚き、感動、がっかりなどなど、お伝えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

先週は北の古都ルアンパバンで、教員養成学校のラオス語教員と、学校図書室を担当している現職の教員を対象に二つの研修を開催してきました。

100small_2 二つの研修で、当会出版の「ぼくはどこへいくの?」を使用しました。このお話では、主人公の「バナナちゃん」と「ビニールぶくろくん」が風に吹かれながら、ラオスの食生活や習慣を転々とし、環境について考えさせます。ラオスの生活が色とりどりに描かれているこの絵本は、私もお気に入りです。

さて、このおはなしに登場するバナナが、日々の自分たちの生活の中でどのように使われているのか、研修を受けた先生達が模擬授業で小学校4年生に尋ねました。班毎に子どもたちがアイディアを出し合うのですが、出てくること出てくること。一部をご紹介します。

バナナの木の幹は、
・刻んで畑に蒔く肥料として使う。
・豚にやる飼料として使う。
・カオラム(竹の中にもち米やココナッツミルクが詰めて炊いたもの)を作るときに、バナナの幹に立てかけて炙る。
・ロイガトン(日本の灯籠流しの様な伝統行事)の灯籠(ガトン)として使う。

バナナの葉は、
Ttc_lpb_8・食べ物の下に敷いたり、受け皿として使う。
・いろいろな料理を蒸すときに包む。
・バーシー(新年、出生、結婚、死別等人生の節目や、歓迎、送別、快気、厄払い等人の動きに応じて行う儀式)の祭壇の飾り付けに使う。
・市場で売られている鶏の丸焼きの首が付いていた部分に詰める(空洞にハエが入らないように)。

バナナの実は、
Ttc_lpb_9・焼きバナナ(皮をむいて七輪であぶる)
・揚げバナナ(とひとことで言っても、熟れて黄色くなったバナナ、クワイ・スックもあれば、まだ緑のクワイ・ディップもあります。衣も、小麦粉、砂糖の他に、ココナッツを入れたり、ごまを混ぜたり色々な種類があります。)
・ゆでバナナ(皮付きでゆで、お湯からあげてから皮をむく。)
・干しバナナ(茹でてから干したりもする。日持ちする)
・カオトム(バナナの葉でもち米とバナナを包み蒸したあまい食べ物。他にも豚肉入りや色々な種類があります。)

子どものアイディアからは出てきませんでしたが、出産後女性が横になって休む際、バナナの幹をベッドの下で燃やし、体を温めるそうです。バナナの幹は水分を多く含んでいるので、燃えるときにゆっくりと低い温度で燃えるのだそうです。

日本の子どもや大人たちは、一つの植物の利用法をこんなに挙げられるでしょうか。一つの植物を多様に活かすラオス人の知恵に、生活の豊かさをかいま見た気がしました。 (ラオス事務所 秋元波)

2009年10月20日 (火)

カレンダーの発送が始まりました

P1110614s_2  先日事務所にカレンダーが届きました。ただ今、狭い事務所がカレンダーの箱であふれています。

箱を開けてみると・・・。表紙はとてもインパクトがあります。表紙の女の子はカメラを見ているようなそうではないような、なんとも言えない表情をしています。カレンダーには、ラオスの子どもたちの日々の生活の様子を切り取った様々な表情の写真が表紙あわせて13枚。ラオスメモもとてもいい感じです。ラオスメモを読むと写真がさらに引き立ってくるような気がします。

P1110605s すでにご予約をいただいている方から発送を始めました。ご予約いただいた方、もうすぐお手元にお届けできると思います。

ご注文がまだという方、ぜひこの機会に、ラオスの子どもたちの笑顔がつまったカレンダーをお申込いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。(東京事務所)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »