« あひるになりたい | トップページ | 祝ツール・ド・ラオス完走! »

2010年4月23日 (金)

消防車は来たけど、、、

正午過ぎ、気温30度を超えているというのに、クーラーもつかない、扇風機もない。また停電だ。ヴィエンチャン特別市内では、停電になってもすぐに電気が戻ってくるのに、今日はおかしい。暑さに耐えかねて、事務所の1階に降りていくと、火事だと騒いでいる。漏電のリスクを避けるために、火災があると送電を止めるのだそうだ。
Fire_on_newspaper_001_5外に出てみると、町の中心の方からもくもくと煙が上がっている。次の瞬間、消防車が火事の現場とは反対方向にサイレンを鳴らし猛スピードで走って行った。水を調達に行くのだ。消防車の水槽に水が十分に溜められていなかったり、現場で水を調達する方法がないからと、火災現場と水の調達場を何回も往復するのだそうだ。
火災現場は、夜に屋台などの集中するセントラルポイント付近で、人気の飲食店が入っていた家屋。木造だったので火がまわるのが速かった。火災の原因は未だ不明。
この火災は、ラオス正月前のタットルアン市場の火災から一週間もしない内に起きた。この時も、水を調達すべく、消防車は現場と給水場を何度か往復したらしい。
なんで水槽満タンに水を溜めておかないの?消火栓とかないの?と素朴な疑問を事務所のスタッフにぶつけると「これは、準備を怠るラオス人の性格の現れ」と説明された。消防車に水が無くとも調達の手段が無くとも、とりあえず被災者を喜ばせ安心させるために、サイレンを鳴らし現場への到着を急ぐのだと言う。
う~ん?わかったようでわからない。消防車なんぞない地方では(ヴィエンチャン特別市内でも街から外れたところでは)江戸時代のめ組や現代日本の消防団ほど組織化されていないにしても、村人が助け合い消火をしているとのこと。 (ラオス事務所 秋元波)

« あひるになりたい | トップページ | 祝ツール・ド・ラオス完走! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あひるになりたい | トップページ | 祝ツール・ド・ラオス完走! »