« 出張の成果 | トップページ | ヴィエンチャンから来たサンタクロース »

2010年5月17日 (月)

心沁みる週末

La_tete_de_maman_3フレンチセンター(ラオス版日仏学院)で、フランス映画を観終えた後、久しぶりの映画鑑賞で、それもなかなか良い映画で、ウキウキと気分が高揚し、自転車を走らせていた。ピンポンマーケット(ちょっと洒落たスーパー)で、ワインを買って、パスタの材料を買って料理しようかなぁと考えていたが、映画観たついでに贅沢しちゃいたいな、という気分に駆られ、噴水広場のクレープレストランの前で自転車を止めた。

先週、フレンチセンターで、”European Film Week”というのをやっていて、一週間毎晩、無料でヨーロッパ映画の上映会をしていた。金曜日の夜に初めて足を運んでみた。遅れて到着した私は座席が見つけられず、階段に腰掛けることになった。土曜日の最後のショーは、外は土砂降りだと言うのに満員御礼で、会場はぎゅうぎゅう。エンターテイメントに飢えたForang(ラオス語で「外人」という感じ。たいてい白人を指す)が、ステージの前に敷かれたござやステージの端に座り、映画を楽しんだ。会場は熱気でもわーんとしていた。

ラオス事務所代表のダラーさんは、子どもの頃、親の目を盗んで映画館に通ったと話してくれたが、フランス植民地時代のものだろうか。ひと昔前までヴィエンチャンにも数ヶ所映画館があったと聞くが、ソ連とつながりがあった施設なのだろうか。今は、アイテックというスーパーやボウリング場が入った施設に唯一の映画館があるらしいが、まだ行ったことはなかった。

その夜、久しぶりの映画は、待ちに待った雨が乾季のヴィエンチャンの街を潤すように(実際私はずぶ濡れで映画館に到着)、私の心身に沁みた。ラオスの他の県に暮らす方には、ヴィエンチャンにいながら何贅沢を言うかと、怒られるだろうけど。日頃、エンターテイメントに囲まれた暮らしをしている人が観ても、心を動かされないのかもしれないけれど、ご参考のために、私の心身(身はワインでだけど)を潤した映画をご紹介。
La Tête de Maman
Kirikou and the wild beasts (「キリクと魔女」の第2弾) 
(ラオス事務所 秋元波)

« 出張の成果 | トップページ | ヴィエンチャンから来たサンタクロース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出張の成果 | トップページ | ヴィエンチャンから来たサンタクロース »