« 小さなアーティスト | トップページ | ウェルカムバック・トゥー・ラオス »

2010年7月25日 (日)

ようこそ、岡田外務大臣!

私は数日前からソワソワソワソワ。

本日夕方、岡田外務大臣が当会が支援するヴィエンチャン都子ども教育開発センター(CEC)をご訪問されました。

子ども達は二列になり御一行を待ちます。

「ねぇ、誰が来るの?」ときちんと整列している9月から小2になるの男の子に聞いてみる。
「ケーク(お客さん)」と言う。
「ケークってだぁれ?」と聞くと、「ニープン(日本人)。」と答える、、、。
あんたにゃ、私のソワソワはわからないわな、と思いつつも、ふふ、かわいらしい。

そして、当会ラオス事務所代表ダラーさんが「日本の外務大臣がいらっしゃるのよ。このセンターを建てるための資金を出すのに許可を出してくれてくれた人よ(※当時は岡田大臣ではありませんでした)」とおさらいする。

Entrance_25jul10さて、岡田大臣は、予定よりも早く到着されました。CECにお越しいただきましたが、我がNGOの活動に関心を持って下さったということだったので、会の教育支援活動全体について、ダラー代表、私からご説明をしました。

Presentation_25jul10教員対象の研修を行っても、研修で習った内容が実際の授業の場で生かされていないことが多い。副業をいくつも兼ねている先生には、授業のために準備をする時間や、授業に注ぐ熱意に欠けるというのが現状、と私達の活動の中で感じた課題を挙げると、大臣は同席した教育局長に対し、「どうして、教員のお給料が低いのですか」と言う質問をしました。「公務員の給料は国の歳入と相関関係にあるので、大幅に上げることは難しい。しかし、次年度は教育分野のための予算を17%アップす るので、その中で教員の待遇が改善されていくことを期待している」と、ヴィエンチャン都 教育局局長のケオパンヤーさんが応えました。素敵な四駆がたくさん増えるだけではありませんように、、、。

Group_photo_25jul10 会の活動説明とメッセージをお伝えした後には、子ども達の合唱を聴いて頂きました。「グラー・パクセー(パクセーのバラ)」の熱唱が終わると、ダラーさんが「もう1曲お聴きになりますか?」とお伺いしたもので、ややむりやり(?)もう1曲日本語の歌「花」を聴いて頂き、最後に子ども達と写真撮影をして次の訪問先へ出発されました。

Shaking_hands_25jul10_3タイトなスケジュールの中、私共のNGOの活動に関心を持って頂き、ご訪問して頂いたことをとても光栄に思います。また、今回のご訪問が、今後日本政府とNGOが協働しながらラオスで教育支援を行っていくためのひとつのステップになることを期待しています。 (ラオス事務所 秋元波)

« 小さなアーティスト | トップページ | ウェルカムバック・トゥー・ラオス »

コメント

はじめまして。
チャンタソン様からご紹介いただき、こちらのサイトにまいりました。

熱意あふれる、そしてホットな情報で
すばらしいです。

写真も臨場感あふれる、そしてあたたかな写真ですね。

これからも応援させていただきます!


外務省のホームページには、岡田外務大臣がビエンチャン都子ども教育開発センター(CEC)を訪問された様子が記載されています。
画像を見ると、ヴィッキーさんが写っているのがわかります。
外務省のホームページの、CEC訪問について記されている部分のURLは、下記の通りです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_okada/laos_1007/laos_gaiyo.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さなアーティスト | トップページ | ウェルカムバック・トゥー・ラオス »