« 自然が為にラオスは貧しい | トップページ | 五嶋みどりさんカルテット、ラオスに到着! »

2010年12月21日 (火)

唄う法学の娘

Karaoke_law_school_2ラオス人は歌謡曲が大好き。ラオス人宅からは、大音量でタイやラオスの歌謡曲が流れる。四方から大音量で色々な歌謡曲が流れてくると、結構耐え難い。
ゲストハウスのない田舎の村の学校を訪問した際、学校の先生の家に泊まらせてもらった。朝、起きるや否や先生は大音量で歌謡曲をかけた。VCDなので映像もあるのだが、なぜか制服を着ている学生らしき歌手ばかりが出てくるし、教室で講義を受けている映像が流れたりする。歌詞に、「サ~オ・ゴッマイ(法律の娘)」というのが登場したり、いつもの歌謡曲とは様子が違う。

Karaoke_law_school先生によると、中部と北部に新しい法律家養成学校が開設されたが、建設の途中で資金が枯渇し、やむなく借金をして開校に漕ぎ着けたらしい。そこで、入学してきた学生を歌い手とし、VCDを発売し借金返済のための資金を集めているそうだ。教育局の職員や教員は、15,000キープ(2米ドル)で購入させられたそう。
賭け事(違法だが、皆大好き)に明け暮れ、家を追われて一文無しになってしまう人についての歌など、すべて法律や法律家養成学校にまつわる歌が収録されている。建設の途中で資金が尽きたという行き当たりばったりなところは相変わらずだが、歌好きのラオス人の心を掴んでいるし、大衆への法教育に歌をツールにするところとか、学生に歌わせてしまうところとか、無理やり買わされた先生には気の毒だがとてもクリエイティブな借金返済の方法ではないか。

私がラオスに着任してからの1年でも私達の活動にも関わる2つの新しい法律が作られ(出版に関する法律と公共図書館に関わる法律)、ラオスでは着々と法整備が進んでいる。法律家を養成するのことも急務と伺える。今は、村長やその村で信頼されている年長者が村や家庭内のいざこざの相談を受け調停をしているが、将来はこの役割も法律家養成学校を卒業したサオ・ゴッマイ(法律の娘)やバオ・ゴッマイ(法律のお兄さん)に移行されていくのだろう。(ラオス事務所 秋元波)

« 自然が為にラオスは貧しい | トップページ | 五嶋みどりさんカルテット、ラオスに到着! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然が為にラオスは貧しい | トップページ | 五嶋みどりさんカルテット、ラオスに到着! »