« はじめてのクラシックコンサート③ | トップページ | 図書館キッズ、小旅行に出る »

2011年1月27日 (木)

虹のたまご、ゆらゆら

Egg_of_rainbow

「僕は、子ども15人集めてってチャンシー(図書館担当スタッフ)に言ったのに、60人もいたら、収拾がつかないじゃないですかぁ」と、やべさんには困った顔をして怒られたけれど、その顔はちょっと嬉そうでもある。やべさんは、ラオスのこどもが出版する紙芝居や絵本の絵描きさんとして、子ども文化センターの先生たちに紙芝居の製作方法を教える講師として、そして今は理事としても、当会に長年協力してくださっている、紙芝居作家さん。12月のラオス訪問は7年ぶりで、ラオスの変容に驚いている様子でした。どこへ行っても、常にやべさんの手は子ども達やその場の情景をスケッチすべく動いていました。ラオス滞在中のアルバムは何冊になったのでしょう。

Yabesan_3

工作教室第1回目は、ペットボトルを使用したラッパ作り。2回目は色セロハンを使用し「虹のたまご」を作りました。1回目の時は、日本人スタッフはいなかったのですが、チャンシーはやべさんの日本語とラオス語と英語の単語とジェスチャーのちゃんぽんメッセージを解し、子ども達にラオス語で指示を出し、皆響きの良い大きなオナラのような音を出すラッパを完成させたようです。後で聞くと、寝付けないくらい疲労したと言っていましたが、チャンシーの勘と想像力にはあっぱれです。

A_bit_chaotic_workshop

2回目の「虹のたまご」作りの時には、私もいましたが、なんせ60人の子ども達が同時に透明のセロハンはどこだ、銀紙はもうないのか、四方八方から質問してくるし、色セロハンは珍しいからみんな家に持ち帰りたくて確保しだすので「これを使って作るんだからねぇ」と説明し、指示を待てずに始めるから仕掛けをする前に完成形にしてしまうしと、工作教室は混乱を極めていました。
大学生数名が後から到着してやらせて欲しいというのだけれど、もう切らしてしまった材料もあるし、日本だったらせいぜい小学校高学年までしかこの手の工作は面白がらないし、「もう材料もないし、遅れて来てもう終盤だし、残念ながら今日はできないね」とお断りしました。でも、気がつくと足りない材料もどうにか工面し、ちびっ子から作り方を教わったらしく、暗くなるまで残って工作していました。ラオスの学校では図工や美術の授業はないに等しく、こういう機会は珍しく小学生から大学生までどどっと集まるのです。どの子も最後には、光にかざすと色とりどりの光が揺れる小さな虹のたまごを完成させていました。

小学校1年生の図書館の常連さんが、「これ持って帰っていいの?」と聞きます。60個の虹のたまごを事務所でどうしようというのさ。「もちろん持って帰っていいんだよ」と言うと、クフフととても嬉しそうでした。(ラオス事務所 秋元波)

Rainbow_egg_with_light_2

« はじめてのクラシックコンサート③ | トップページ | 図書館キッズ、小旅行に出る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめてのクラシックコンサート③ | トップページ | 図書館キッズ、小旅行に出る »