« 図書館キッズ、小旅行に出る | トップページ | お膝元図書室の再生 »

2011年2月24日 (木)

ラオス希望の星

Interns
先週から、ラオス国立大学の社会学部社会開発(Social Development)科の5年生(ラオスの大学は5年制)の、アバンくん、サーコンちゃん、ヌアンダムちゃんがラオス事務所にインターンとして来てくれています。期間は2ヶ月の予定。このうちの2人は私達の協力団体である仏教開発プロジェクト(Buddhist Development Project)でボランティアをしているので、これまでにも手伝いに来てくれたこともありました。

Interns1
こちらから募集したのではなく、学生が私達の活動に関心を持って、インターンになりたいと志願してくれました。なんでうちに来たの?と聞くと、「ALC※が好きだから」ですって。嬉しいですねぇ。 社会開発科は6年前に開設された新しい学科で、彼らが2期生です。去年の8月からラオス事務所のスタッフになったカムフーは、この学科が送り出した初めての卒業生で、去年の今頃は同じようにインターンでした。
ヌアンダムちゃんによれば、大学で人気がある学部ベスト3は、1位:医学部、2位:経済学部、3位:教育学部、だそうです。医師は、クリニックを経営したり、私立のクリニックのアルバイトと公立病院の医師を掛け持ちできるので、儲かる職業とされているそう。教員も、昼間は学校の通常授業で教え、夕方は補習クラスや夜間コースで教えるというチョイスがあるため、収入源が豊富と考えられているそう。大学の教育学部の卒業生の多くは、中高の教員、教員養成校の教員、教育行政の職員になり、小学校教員になるのは、教員養成校小学校課程(3年制)を卒業した人たちが多いです。
社会開発科に入ってくるのは、これらの学部に入れなかった生徒、または稀にいるこの学科に関心のある生徒だそう(ヌアンダムちゃん曰く、彼女自身は後者)です。
ラオスの国立大学は、現在ヴィエンチャン、ルアンパバン、チャンパサックの3ヶ所にあり、近年ヴィエンチャンには私立のカレッジが増えてきました。ちなみに全国の小学校は約9,000校(うち小学校5年までの完備している完全校は半分)で、中学高校の合計は1,120校(うち720校は中学校4年生まで)。国立大学に入学できるのは一握りの成績優秀な生徒と、コネクションを持っている生徒です。卒業後の就職のためにはますますコネクションがものを言うようになります。
数日前、大学がインターンとインターンの受入れ先となっている省庁やNGOを集めてオリエンテーションを実施しました。まだ仕事を見つけられていない1期生がたくさんいるそうですが、人材を求めている国際NGOはそのことを知りませんでした。このインターンシップを契機に、大学とラオスで活動するNGOの連携が盛んになるかもしれません。
先日、インターンの3人に、ラオスのこども図書館の貸出しカードを集計してもらい、人気図書ランキングをまとめてもらいました。またの機会に、地道な集計の結果をお伝えします。(ラオス事務所 秋元波)

※ALC:Action with Lao Children 「ラオスのこども」の英語名

« 図書館キッズ、小旅行に出る | トップページ | お膝元図書室の再生 »

コメント

どうも。JTB出石です。

ブログ、あれからちょこちょこ覗かせて頂いております♪

ラオスから帰国して、1週間少し経ち、やっと(日本の?)地に足がついて来ました^^;

ラオスでも、大学に通って教育に関わる勉強を意欲的にされている学生さんがいるのは何だか嬉しいですし、本当に国の[期待の星]ですね☆


私も1か月でいいのでワホリとかで行きたいです…。

ブログ見ていただきありがとうございます!ワーホリ、お待ちしていますよ!でも、ワーホリないですよね、、、?

コメント、ずっと投稿失敗したと思ってました***

先ほど、初めてかのように書き込みしてしまいましたが、前回のもきちんと反映されていたのですね☆ つまり2回めのコメントでした(^^ゞ

どうも失礼致しました。

>秋元さん
ワーホリは私の個人的願望です(笑)

はーい、書き込み届いていましたよ!
こちらで、コメントを公開するのが遅くなってしまったのでした。失礼しました。
Yuriaさんの願望ぜひ叶えたいですね~☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 図書館キッズ、小旅行に出る | トップページ | お膝元図書室の再生 »