« 学校では教えてくれないこと | トップページ | お子さまのやる気スイッチ☆ »

2011年6月14日 (火)

今度の週末どこ行くー?

Eating_japanese_food3
「いつ日本料理食べに連れて行ってくれるの~???」

13人の子ども達がおねだりして来る。

しばらく前にヴィエンチャン高校で実施された日本語スピーチコンテストに図書館の子ども達をぞろぞろと連れて行った。コンテストの最後には、○×クイズがあった。すると、我が図書館のムードメーカー、ペー君が、日本文化やラオス文化に関するクイズを勝ち抜き、賞品の日本料理レストラン食事券200,000キープ(約2,000円相当)を当てたのだ。

「コンニチワ」「アリガト」「マタネ」くらいしか言えない子ども達、初めは私たちもスピーチコンテストに出る!と張り切っていた。「何しゃべるのよ?」と訊くと、「まずステージに上がったら、『コンニチワー』って言って、『マタネー』って言ってステージから降りる!」とふざけていた。出店していた日本食の屋台の料理を
一通り試すと、凱旋門(ヴィエンチャンの数少ない観光スポット)が近いではないか!ということに気がついた子ども達が「近くに住んでいるのに行ったことがない!行きたーい!」と言うので凱旋門までぞろぞろ遊びに行った。
ハイテンションで戻って来たら、日本語がわからなくても参加できる○×クイズが始まったのだ。当てずっぽうでも続けて当たれば、なんとしてでも勝ち抜きたいとヒートしてくる。既に落ちた12人は応援に回りペー君に声援を送る。何十人も参加したゲームを勝ち抜いたので、最後の1対1のジャンケンで勝利した時には皆叫び飛び跳ねていた。

あのねぇ、13人で200,000キープなんて、みんなのり巻き一口ずつくらいしか食べられないと思うよ、と言ったのだけど子どもたちは楽しみにしていた。ある週末、約束の12時に図書館に行くと「わたしたち朝8時から待ってたよ~。はらぺこー!」と駆け寄ってきた。

賞品は、焼肉屋じゃぱん亭の食事券。到着すると、和食レストランなんて入ったことはなかったのだろう、いつもとは違う空間でちょっと緊張気味の子ども達。「なに食べたい~?」と聞くと、屈託無く上等そうな刺身のセットなどを指差すので、「はーい、こっちね」と私の一存で値段が安くボリュームがありそうなものを選んで注文。カルビ(と言うよりも甘じょっぱいタレが?)がお口に合ったよう。「最高!」と言っていた。
Eating_japanese_food2

Eating_japanese_food_3
「ご飯食べたら帰るの~?遊びに行こうよー」とお願いしてきた。「飛行機見たい!空港行ったことない。連れて行って~!」とリクエストが来た。おう、こんなに街中に近い空港を他に知らないが行ったことないんだ。行こう行こう!子ども達、「マタネー」と言ってお店を去ろうとするので、「本当にまた来てくれるのね~?」と日本人の店員さんに言われてしまった。「はーい、また食事券を勝ち獲る機会があったら・・・。」
Airport
車を5分程走らせ、空港に着くと、飛行機だぁ!ヘリコプターだぁ!とおおはしゃぎ。子ども達の反応で一番面白かったのは、空港内のエレベーターに乗って、フゥッと上に上がった時だったけれど。
こんな調子で週末は、私は遠足の引率のお姉さん。そして、こんな遠足にいつも付き合ってくれる運転手さんは、スラピー事務局長んちのお父さん。(ラオス事務所 秋元波)

Group_photo_at_anou_sawalee_2


« 学校では教えてくれないこと | トップページ | お子さまのやる気スイッチ☆ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校では教えてくれないこと | トップページ | お子さまのやる気スイッチ☆ »