« 食い倒れの町ヴィエンチャン?! | トップページ | ぼくの恐竜博物館 »

2011年8月 9日 (火)

にこにこバッジ入荷:)

Faces
2年連続でラオスに買い物ツアーに来た友人とその買い物好きのお友達と 、1泊でルアンパバンに弾丸ショッピングツアーに行ってきました。日本でイベントなどに出展する際に、顔バッジ(およそ親指大)の売れ行きが良いということで、しばらく前に東京事務所のスタッフからリクエストをもらっていました。しとしと雨の降る中、モン族のナイトマーケットに繰り出し、中学生たちが売り子をやっている店に座り込み、お茶目な表情を80個選びました。最初にリクエストをもらった時には、これが売れるのぉ?と思っていましたが、よく見るとひとつひとつ表情の異なる小さな顔に味があるような気もします。

これは、モン族が伝統的に作ってきたものではなく、刺繍の得意なモンの人たちが、観光客向けにごく最近作り出した小物だと思います。話を聞くとブサイクなのは、小学生の妹弟が刺繍したもの、色のセンスも良いきめの細かいのはお姉ちゃんが作ったとか。

Face_badges_at_airport
売り子の女の子たちは、値段交渉でもなかなか譲らずしっかりしています。バッジを作っているのはどこの店でもだいたい子ども達のようでした。稼いだお金はどうするの?と聞くと、学校に行くために払う、と言います。ご名答!そりゃ、それ聞いたら私としては、これ以上値切れなくなっちゃうじゃない、誰からそう答えるように教わったのよぉ?!

ゲストハウスに戻って来るや否や、それぞれが買った顔バッジを並べ、顔展覧会をしました。翌日、ショッピングを切り上げて空港に行ったのに、帰りの飛行機が1時間半以上遅れました。空港の待合室で時間を持て余しそうになりましたが、またしつこく一つ一つ顔を並べ展覧会を開催。すると、それどこで買ったのぉ?とまわりの人達が覗いてきました。

近日中に日本に送りますので、愛嬌のある顔バッジに会えるのを楽しみにしていて下さいね~。(ラオス事務所 秋元波)

« 食い倒れの町ヴィエンチャン?! | トップページ | ぼくの恐竜博物館 »

コメント

顔バッチ ひとつひとつ表情が違うので皆さん真剣にじっくり選んでいかれますよ。わたしもその一人。2・3個まとめてつけると愛嬌たっぷりに。
新しい顔ぶれに早く会いたいですね。

会いにいっちゃお
17日〜ドッケオと遊びに行きます。

よろしくお願いします。

Yokoyamaさん、私も毎回顔バッジをひとつひとつじっくり選んでますよ。小物にこんなに時間かけて、これを職業にしていたら、コストパフォーマンスの悪いバイヤーだろうなぁ、と思いながら・・・。でも、わしづかみにしたらやっぱりブサイクなのもたくさん入ってきちゃうんですもの。
ラオスでお待ちしていま~す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食い倒れの町ヴィエンチャン?! | トップページ | ぼくの恐竜博物館 »