« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月30日 (水)

図書活動と校庭の草の高さ

Tateng_tai_ps_49
先週、図書箱の活用活性化事業の評価訪問を終えました。対象校とした30校は2008年までに、当会が図書箱を届けた学校でした。数年経ち、研修を受けた先生が他の学校に移ってしまい活用できる教員がいなくなったり、本がねずみに噛まれたり、と各校によって異なる課題を2回の学校巡回訪問を通して、郡教育局の読書推進活動担当スタッフと一緒に解決に取り組んできました。30校の対象校のうち、事業の終盤に6校をモデル校として選定し、「良い活動を継続してね」と言う激励を込め、本棚や図書セット、サッカーボールなどを寄贈しました。
Tateng_tai_ps_54
モデル校は、学校中の先生が図書活動に携わっているかどうか、図書の活用度合、評価のポイントはいくつかありますが、要は活発に図書活動をやっているかどうかを評価し選定しました。しかし、全国4県に散らばったピカイチの6校を活動が停滞している学校と比較すると、面白いことにどこをとっても秀でているのです。図書活動担当の先生の熱意、校長先生の関心、協力の姿勢はもちろん、校庭の草の手入れまで行き届いているのです。

南部のチャンパサック県の学校で、たくさんある本を教員室に大事に保管するあまり貸出しをしない学校の校庭は水はけが悪く小さな校庭の端にあるトイレに行くのにくるぶしまで泥んこになってしまいます。中部ヴィエンチャン県の担当の先生1人に仕事を押し付け、校長先生も他の先生も図書活動に関心を示さない学校の校庭は草がボーボーに伸び放題でした。
Samakheephao_ps_19
あまり活用されていない図書コーナー(ヴィエンチャン県)
Samakheephao_ps_2
校庭の草は高く伸びたまま
(ヴィエンチャン県)

子ども達がいつも本を読めるように担任の先生が各教室に図書セットを持って行き意欲的に活動している学校の校庭は、日当たり良好で、かつ大きな木と木陰があり子ども達も遊びやすそうです。ボーケオ県のモデル校では、村人の協力を得て作られた、竹のシーソーで子ども達が遊んでいました。そういう学校が位置する郡教育局のスタッフは熱心で、教育局長も理解があります。必然なのでしょうが、良い学校を取り巻く環境はそのすべてが良いのです。
Pha_oudom_ps_pha_oudom_9
休み時間に本を読む子ども達(ボーケオ県)
Visiting_pha_oudom_bokeo_nov10_128
村人が校庭に作った遊び場(ボーケオ県)

ラオス政府も、学校教育の質の改善のために、学校のマネジメント能力の強化に注力しています。そのために校長先生対象の研修を実施したり、村人で構成される教育開発委員会を設置しトレーニングを行っています。
私たちも、対象校の図書担当の先生だけではなく、校長先生、郡のスタッフにもトレーニングをし、局長にも話をするわけですが「気」の流れは関係あるのだろうか、と思いを馳せたくなります。モデル校の多くの学校が良い気に包まれているのを感じました。

大変だけれど排水の道筋を作り
(この最初の一歩が難しいのですが)校庭の水はけを良くしたら、子ども達は校庭で思い切り遊べるようになり、淀んでいた空気が流れ出し、先生もむくむくとやる気を出し、図書活動も活発になる、そんなことはないのかしら。今後、学校図書活動の活性化に取り組むときは、先生の研修ではなく校庭の草刈りか排水溝造りから始めてみようかな。(ラオス事務所 秋元波)

2011年11月 4日 (金)

世界が広がる喜び

できなかったことや、できないと思っていたことができるようになったときって、なんて嬉しいのだろう。開拓した新しい境地の分だけ、世界が広がると言うもの。あぁ、なんて気持ちいいのかしら。
ラオスの国技か?と言うくらい東西南北どんなに田舎に行っても皆が熱中している競技を、最近初めてやってみた。フランス発祥のペタンク(
ティーブン)である。全国のおじさん達が真剣に取り組むのだから、それは奥が深いのだろうと思っていた。全然、である。いや、深いのかもしれないが、ルールは疑ってしまうくらいシンプルだった。
Petanque
(寒い朝、まずペタンクでウォームアップをしてお仕事)

最初に、卓球の球よりも小さいくらいの球を砂の平地に投げる。チームに分かれ、小さい球のできるだけ近くに持ち球の重たい金属球を投げる。小さい球の近くにより多くの球が集まっているチームが勝つのである。小さい球の近くの金属球の数によって点数が加算され、数回戦繰り返し、決めておいた点数(早く9点獲ったチームが勝ちとか)を早く獲得したチームが勝ち。投げる時にバックスピンをかけ相手チームの球を狙って当てて、小さい球から相手チームの球を遠ざけさせるとか、まぁテクニックは色々あるようだが、ルールは至って単純。私はこの2年間、きっと複雑なルールなのだろうと思っていた。だから、どこへ行っても、面倒でやろうとしなかった。
Petanque_1_2
(仕事が終わってからが本番。暗くなっても続ける)

しかし、先週北部のボーケオ県に出張に行ったときに、郡ごとに対抗試合をすることになり、「ラオスのこども」チーム参加しなくてはならなくなった。東京から来ていた、共同代表の森にとっても、私にとっても人生初の体験。ボーケオ県教育局の先生が私たちのチームに入ってくれたが、年中この競技に明け暮れているおじさんと2
/3が初心者のチームでは、勝負は決まったようなもの。そこで、相手チームには、左手のみで投球してもらうことに。皆ほんとに律儀に左手でやってくれた。それでも、やっぱり負けた。
2回戦目、森さんも私もちょっと調子が掴めてきた。
が、やっぱり相手チームは左手投球にしてもらった。
そして、人生2回目のペタンクで勝利を収めた。

この日、私の世界は広がった。
もうどこへ行っても見てるだけではない。
待っていなさい、全国のおじさんたち!(ラオス事務所 秋元波)
Background_petanque
(こちらは、ボーケオ県のペタンク場の周りの風景)

2011年11月 3日 (木)

ラオスより、100のハートを。

お陰様でブログで紹介しましたにこにこバッジは飛ぶように売れました。今日は、同じく手先の器用なモンの人達の手仕事によるハート型ストラップをご紹介。
先週からラオスに出張に来ている東京事務所スタッフに持って帰ってもらうため、先ほどタラート・サオ(モーニングマーケット)で100コのハートをゲットしてきました。今日も目を光らせて厳選しましたよ~。

Pink_hearts_3
ハートと言えば、やっぱり ピンク。
Energised_hearts
ピンクはスイートすぎるというあなたには、ビビットでエネルギッシュなハート。
Dark_hearts
小悪魔キャラの貴女には、チャイダム(ブラックなハート)を。
Christmas_color3
クリスマスのオーナメントにも。

そういえば、日本にも「気」を使った言い回しがたくさんありますが、ラオス語でそれに値するのが、「チャイ(心、ハート)」です。フアチャイ(心の頭、とは心臓のこと)、チャイディー(心が良い、つまり優しい)、ライチャイ(たくさんの心、つまり気が多い、浮気性)、チャイディヤオ(一つだけの心、要は一途)、チャイダム(心が黒い、つまり意地悪、性格が悪い)、サバイチャイ(心がゆったりと穏やかな状態)などなど。
ついつい自分用にも、4つハートを買った私は、気が多いのか。はて、4つとも同じ色の組み合わせ(グレーとピンク)だから、一途なのか?

ラオスのハート、12月に東京で開催する織物展にてお求めいただけまーす。(ラオス事務所 秋元波)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »