« ラオス朝ごはん | トップページ | 《学生団体スーン》図書プロジェクト報告 第1弾! »

2014年4月 2日 (水)

タラート・トンカンカムの火事

3月26日の夜、ラオスの首都ビエンチャンにあるタラート・トンカンカム(トンカンカム市場)で火事がありました。火はあっという間に密集した古い造りの市場に広がって、隣接した銀行や商店に延焼する大火災になりました。負傷者の報告はありません。
Photo
<photo by: Mr. Khamvieng>

タラート・トンカンカムといえば生鮮食品ではヴィエンチャンで一番大きな市場で、肉、野菜、魚を売る店がずらりと並んで、ヴィエンチャンの人々の胃袋を支えるマーケットです。生活になくてはならない市場ですから、翌日、ラオス事務所のスタッフのショックは大きいものでした。知り合いの店もあるので、これからみんなどうするのだろう、可哀想だと新聞の記事に釘付けでした。
Thongkhankham_news_vte_mai_copy
<Vintiane Mai News Paperより>

Thongkhankham_news_police_news_pape
<Police News Paperより>

ラオスでは4月半ばにピーマイ(正月)を迎えます。市場の方々は本当に大変だと思います。それに、これからピーマイの準備をするヴィエンチャンの人々も大いに困ります。
庶民の台所として親しまれてきた市場ですが、手狭であり、周辺の交通渋滞を解消するため、郊外への移転と跡地にショッピングモールを建設する計画が以前から提示されていたようです。早くお店が再開されることをお祈りします。

【ラオス事務所:本多敏子】

« ラオス朝ごはん | トップページ | 《学生団体スーン》図書プロジェクト報告 第1弾! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラオス朝ごはん | トップページ | 《学生団体スーン》図書プロジェクト報告 第1弾! »