« 2014年11月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年2月23日 (月)

11か所の子どもセンターが集結!より充実した活動を目指したセミナー

こんにちは。ラオス事務所の本多です。

今回は1月15日~19日に一般財団法人ゆうちょ財団のご支援で実施した「子どものための活動能力育成セミナー」についてお伝えします。

 

子どもの居場所、子どもが育っていく空間として大切な“子ども文化センター(CCC)”と“子ども教育開発センター(CEC)”では、伝統音楽・舞踊、コーラス、紙芝居・読み聞かせ、図画工作などの活動が行われています。

 

今回のセミナーでは、センターの活動を更に活性化させるため、新しいアクティビティを実施するテクニック習得を目指して「棒人形劇といろいろな遊びのワークショップ」を企画しました。日本から長年に亘り保育園で子どもたちとの活動を実践してきた専門家の西村講師と後藤講師をお招きして、ボリカムサイ、ターパバート、カムクート、サイヤブリ、ボーテン、パクライ、ゲンタオ、シーサタナーク、ヴィエンチャン、ケオク、ルアンパバーンの11のセンターのスタッフや講師など23人が参加しました。

 

 

 1日目は棒人形劇の説明を受けて、すぐ製作。ヤシの実や珍しい形の枝、カラフルな布など材料を用意して、迷いなくスタート。

流石に子どもセンターの方々は、講師からアドバイスを受けながら、どんどん作業を進めます。

S_2
   講義をする講師

S_3
  棒人形作り

S_4
  講師のアドバイス



2
日目には棒人形を完成させます。

 S_5
 できました!

 S_6
 ヤシの実が頭

 S_7
 個性的

 S_8
 できあがった人形たち

 

 

そして、次は人形劇のシナリオ作りです。

S_9
  シナリオ作り

 S_10
  シナリオを見ながら練習

 

 

さあ、いよいよ手作りの舞台で練習です。

S_11
 

初舞台稽古

 

3日目はグループ毎の発表です。個性豊かな人形を上手に操って、声優顔負けの表現力で演じ切ります。観客からは拍手喝采。盛り上がりました。

 S_12
 人形劇

 S_13
 舞台裏

 

4日目は活動のバリエーションを広げるため、講師からダンスやいろいろなゲームが紹介されました。是非プログラムに盛り込みたいと皆さん大喜び。

 S_14
 遊びを紹介する講師

 S1
 イス取りゲーム 

 S2
 ゲームの様子

 S_15
 盛り上がって集合写真

 

 

センター間で活動状況について情報交換や話し合いもできました。ネットワークを強化するいい機会にもなりました。

先日、パクライの子ども教育開発センターから、早速「棒人形劇」をやってみた、と嬉しい報告。

今後も子どもセンターの運営支援を続けていきます。

 

 

【ラオス事務所:本多敏子】

 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年5月 »