« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月27日 (火)

 ~リコーダー・ダンス教室の振り返り2~

こんにちは!

インターンの葉山です。

 

先日のブログでは「ラオスに行って感じたこと」をテーマにお話しましたが、今回は「リコーダー・ダンス教室の活動」についてお話したいと思います!

この活動は、ラオスに音楽や体育などの情操教育が普及していないという状況があり、子どもたちに創造力を養ってほしいという思いなどから始まったものです。今年は、ALC(ラオスのこどもラオス事務所併設図書館)とCEC(ヴィエンチャン子ども教育開発センター)の2か所で行いました。

ラオスの子どもたちは毎日とても明るく笑顔で私たちを迎えてくれました。言葉は上手く通じませんでしたが、それだからこそ私たちも子どもたちもジェスチャーなどで伝えようと、自然に積極的なコミュニケーションができていたと感じました。 

まず、ALCCECもリコーダーの練習から始めました。レベル別に分かれての練習です!皆私たちの手の動きをじっと見て一生懸命に取り組んでくれました…!ドレミは世界共通なのでしょうか、リズムがわからなくなってしまったときは全員でドレミを使って歌いました♪

11

その後休憩をはさんで、ダンスの練習が始まります。ALCCEC合同発表の「妖怪体操」は日本だけでなくラオスの子どもたちにも大人気でした!!気づかないうちに多くの子が音楽に合わせて日本語の歌詞を歌っていました!日本の文化に触れていることを感じた瞬間でとても嬉しく思いました。

15

発表会は少し緊張していた子もいましたが、皆練習の成果を発揮し大成功でした!ALCCEC合同のリコーダーやダンス発表もリハーサル一回のみでしたが、皆息ぴったり!!

16

7日間の活動を通して、ラオスの子どもたちが純粋に音楽やダンスの楽しさを感じてもらえていれば嬉しいです。そして今回継続することの重要性を感じたので、今後もこの活動に関わっていきたいと思いました。

 

【インターン:葉山智美】

2015年10月23日 (金)

よこはま国際フェスタ

こんにちは!インターンの諏訪です。

1010日(土)~11日(日)に、みなとみらいの象の鼻
ークで『よこはま国際フェスタ2015』が開催されました。
ラオスのこどもは、今回、ラオス風焼き鳥とラオスビール
売を行いました。2日目は雨の予報でしたが運よく小雨
み、両日とも会場は大賑わいでした。

Resize0216_2
 先週のグローバルフェスタに続き、スタッフやボランティ
アの方々は「今日もより多くの人にラオスの味を届けよう!」
と意気込んでいました。
事前準備の段階から、看板の見栄え
や物の配置など、細かいところに気を配って準備しました。
開催時間になって、ブースの目の前に焼き鳥台を置いて焼い
ていると、いいにおいに誘われてお客さんが集まってきてく
れました。中には、「美味しかったからもう一本」と言って
再び買いに来てくれるお客さんもいました。

Resize0215_3

ただ焼き鳥を買うだけではなく、「ラオス料理って辛い
の?」「ラオスに行ってみたいな」と、ラオスに興味を持
てくれ
ている人がたくさんいて嬉しく思いました。私は今年
の夏にラオスに行ってきたので、そのような人たちに、ラオ
スの良
いところをより具体的に伝えていけたらいいなと思い
ました。
そして、会の活動についてももっとお話できたらよ
かったです。

Resize0214_2
 ラオス風焼き鳥は2日目のお昼過ぎに完売。大人気で長蛇
列ができていました。一方、ラオスビールを完売させる
はできませんでしたが、それでもお客さんがラオスの味
知り、少しでも興味を持ってくれたのなら、今回の出展は成
功だったと思います。

      【インターン:諏訪小百合】

2015年10月20日 (火)

~リコーダー・ダンス教室の振り返り~

こんにちは。

インターンの葉山です。

私は今年の8月に行われたリコーダー・ダンス教室のボランティアに参加しました。時が経つのは早く、あれから約2ヶ月経過しますが、今回はその活動を改めて振り返っていこうと思います。

では、まず初回はラオス(ヴィエンチャン)に行って感じたことをお話しようと思います!

ところで皆さんはラオスに行かれたことはありますか?

私はこの活動の訪問が初めてのラオスとなりました。そのため行く前に自分の中で様々なラオスの町並みをイメージして出発を楽しみにしていました。

ヴィエンチャンについて、お店が多いということ最初に感じました。日本でいうコンビニエンスストアのようなものやレストラン、カフェなど通りを歩いていてよく目にしました。ラオスと聞くと古い町並みをイメージする人も多いかもしれませんが、ヴィエンチャン中心部はあまりそのように感じませんでした。また建設中の建物が多くあり今後も町の様子が変わっていくことを感じさせられました。

Image1

しかし、中心部から少し離れるとチェーン店とよばれるお店は減り、住宅地が多くありました。道路は中心部ほどきれいに整備されていなかったです。

そこでふと気がついたことがあります。公園が少ないということです。大きな広場はありましたが、日本にあるような公園をあまり見かけなかったのです。しかし、その分中心部から離れると自然もたくさんあり、子どもたちが走っている様子や木に登っている様子などを見て東京にもこのような環境があったらなぁ…とうらやましさを感じました。

Image2_3
また、10日間ラオスに滞在してラオスの人々はどことなく日本人と似ているような感じがしました。私の感じ方ということもあるかもしれませんが、初めて来た国という感じがなくとても過ごしやすかったです!

では、活動については次回をお楽しみに…!

【インターン:葉山智美】

2015年10月 7日 (水)

グローバルフェスタJAPAN2015

はじめまして!新スタッフの政岡です。
これからよろしくお願いいたします。

10月3日(土)と4日(日)は日本最大級の国際協力イベントであるグローバルフェスタが行われました。ラオスのこどもはインターン・ボランティアの方々の協力のもと、展示ブースと食販ブースのふたつのブースで出展しました。

2日間ともお天気に恵まれてイベント日和!たくさんの方が来場していました。会場は今までの日比谷公園からお台場に変更になりました。観覧車が見えます。
Dscn3274

展示ブースは企画から当日の説明・接客までインターンが中心となって担当してくれました。展示ブースを訪れてくださった方に活動内容などを説明するインターンの皆さん。頼もしかったです。
Dscn3265_2

土曜日はラオス人留学生の方によるラオス語絵本の読み聞かせを行い、多くの方に楽しんで頂きました。皆さん、興味深そうに耳を傾けてくれています。ラオス語を初めて耳にする方も多かったのではないでしょうか?
Dscn3239_2

一方、食販ブースでは昨年に引き続きラオス風焼き鳥とラオスビールを販売しました。美味しそうなにおいに誘われて、多くの方がやって来てくださいました!日本ではなかなか味わうことのできないラオスの味を多くの方に味わって頂きました。美味しかったからとリピートで買いに来てくださる方もいらっしゃいました。
Dscn3204

今回は、私にとって出展する側として参加する初めてグローバルフェスタだったのですが、インターンやボランティアの方々の積極的な参加・ご協力が印象的でした。今回のイベントを通じて、来場者の方にラオスのことや当会の活動を少しでも知っていただくきっかけになったのではないかと思います。

今週末(10/10,11)は横浜のみなとみらい・象の鼻パークで行われるよこはま国際フェスタ2015に出展します。皆様、ぜひぜひお越しくださいね!お待ちしております。

[東京事務所:政岡]

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »