« 図書館開設セレモニー~インターン活動報告~ | トップページ | 子どもたちと折り紙~インターン活動報告~ »

2016年3月12日 (土)

CECの子どもたち~インターン活動報告~

3月5日にCEC(Children's Development Education Center)へ行ってきました。CECは、ラオスのこどもが設立を支援したヴィエンチャン都教育局が運営する児童館のような場所で、自分が行った際も20人くらいの子どもたちが遊んでいました。

なにか遊びを考えてきた?と言われたので、「人間知恵の輪」を紹介し、やってみることに。
しかし、これが予想以上に難しかった...
Resize3493

複雑につながっている腕を解いたら、ひとつの輪になるよーと言うと子どもたちは一斉に動き出して、輪がぐちゃぐちゃになっちゃいました。
2度目のトライで腕の間をくぐったり、またいだりするんだよと説明しますが、なかなか伝わらず、英語をラオス語に訳してくれていた女の子も戸惑っていた状況でした。
仕舞いには、先生が輪に入り、一つひとつ指示を出して輪を作っていました。
Resize3494

自分としては、子どもたちが自分たちで協力していく過程が大切だと思っていたので、ちょっと残念でした。
ゴム鉄砲のときも感じたように、説明の仕方を何とか考えなければと思います。

しかし、当の子どもたちは楽しそうにはしゃいでいました。”次は次は?”と向かってくるので、今度は手遊びの「アルプス一万尺」をしました。自分もやるのが幼稚園ぶりでしたが、ちゃんと体が覚えていました。
”二人組を作って、向かい合って~、今からお手本見せるよー”とお手本を見せればみんな理解できるだろうと、一度みんなの前でやって見せました。するとすぐに子どもたちが寄ってきて”僕とやって!”と、またまた大はしゃぎ。
結局二人組でやることはあきらめて、子どもたち一人ひとりとアルプス1万尺をしました。子どもたちは覚えが非常によく、2回くらいやると、自分と同じようにできるようになった子もいました。

子どもたちの勢いに圧倒された後、図書室の中へ入りました。
Resize3495
ここにも多くの本があって、本が好き?と聞くと好き!と答えてくれました。同じ部屋の中にリコーダーや鍵盤ハーモニカがあり、とてもにぎやかでした。子どもたちの演奏は、旋律をたどるというものではなく、ラオスの打楽器に合わせて、同じ音を鳴らすようなリズムに乗った演奏でした。

その後、子どもたちは外に整列し、ラオスの伝統的な歌のようなものを歌いながら施設の庭を3周し、バイバーイといって帰って行きました。とっても元気な子どもたちで、自分もその元気を分けてもらった気がします。
いよいよ、最後の週に入りますが、元気を保ち続けていきたいと思います!
【ラオス事務所:インターン 原一貴】

« 図書館開設セレモニー~インターン活動報告~ | トップページ | 子どもたちと折り紙~インターン活動報告~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 図書館開設セレモニー~インターン活動報告~ | トップページ | 子どもたちと折り紙~インターン活動報告~ »