« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月28日 (月)

図書館という場

1年で最も暑い時期を迎えたラオス。
日中、40度の暑さの中、2週間前にオープンしたばかりの2つの学校図書館に行ってきました。
(日本の中学と高校レベルにあたるラオスの中等学校=Secondary School に、図書館を建設するプロジェクトを実施。オープニングの様子は3月11日のブログを参照)
ノンサアット中等学校では、、、、
雑誌を見る人、語学テキストを見る人など、様々な本を手にする姿が見られました。
座席はすぐに一杯になり、図書館の中は、読書をする生徒達でいっぱいに。
Resize0203
UNFPA(United Nations Population Fund)から提供された、青少年向けの啓発冊子を蔵書として入れたところ、それらの本を手に取ってみる姿が多くみられました。漫画形式でわかりやすく書かれているため(性教育的な側面もあるテキスト)、一見すると、かなりストレートな場面もみられます。
おそらく日本の中学などでは、そのような本を手に取ることは恥ずかしかったり、かわれたりしてしまうのでしょうが、ここではそんな光景は全く見られません。思った以上に真剣に読んでいる生徒が多く、驚きました。図書館が出来たことで、このように知識・情報を得る機会に繋がったのだと、とても嬉しくなりました。
ポントーン中等学校では、、、、
学年ごとに図書館利用曜日を決めるなど、図書館を積極的に活用していこうという姿勢が見られました。
Resize0201
 
教科書を開き化学式の勉強をする男子生徒達。料理の本を開いて、レシピを写す女子生徒。辞書から、英単語を書き写している生徒もいました。
図書館が本を読むだけでなく、本を使って、学習する場になってきていました。
Resize0200
日本では当たり前に思えるこの光景が、図書館が身近にないこの国では、これまでほとんど見ることができなかったのです。今回、1300冊を超える図書と、それをじっくりと使える場所が中等学校に出来たからこそ見られるようになった光景だと感じます。
図書館はただ本を保管してある場所ではなく、本を読んだり、調べたり、学んだりすることが出来る場所として、存在が広がり始めました。
この図書館という場を、ラオスの人達と一緒に大事に育て、もっと広げていきたいと思いながら、帰路につきました。

【(ラオス出張中)赤井】

2016年3月14日 (月)

最終日~インターン活動報告~

今日はついにインターン最終日です。もう3週間がすぎたのか?と疑いたくなるほど一日一日が早く過ぎていきました。最終日かと思うと、あれもできたのに~といろいろと後悔も浮かんできたのですが、9回裏の3アウトを取るまでは、試合は終わらないぞ!などと気持ちを引き締めて事務所に入りました。


この前、ゴム鉄砲を作ったのですが、そのときの反省として、日本の割りばしで
ないと作るのが難しいということがありました。ラオスの割りばしは、日本のもののように角ばっておらず、丸いため、ゴム鉄砲には向かないのです。

その反省をもとに、前々からラオスで身近にあるものでなにか作ろうと考えていました。


そして考え抜いた今回の素材は、ペットボトル!ラオスの人もペットボトルに入
った水を買うので、どの家庭にもあるはずと思い、選びました。
Resize3501


作るものは、ミニ帽子。ペットボトルの下をカッターで切り、そこに折り紙を貼
って作りました。今回は女の子に人気がありました。ボーイズには遊べるおもちゃのようなものを考えればよかったなぁと思います。
Resize3502

作り方を教えるときも、”言葉より気持ち”でした(笑)実際にやって見せたり、ハサミで切るジェスチャーを見せたりしてみんな思い思いの作品を作っていました。


一度作り終えると、2個目を作り始める子もいてうれしかったです。また、作り
方がわからない子に対しては、わかる子が教えてあげていたりと、子どもたちの連携もバッチリでした。
Resize3503

Resize3504

最後にみんなで写真を!と思っていたら、あと5分で昼休み終わるよ~とみんな
ぞろぞろと図書館から出て行ってしまい、子どもたちにさよならを言えませんでした(;;)

一緒に作った工作を思い出したりして、今度は子どもたち自身が工夫をしながら作っていってほしいなと思います!


3週間のインターンを通して、現地のスタッフの方の日々の忙しさや困難、そし
てプロジェクトが成果を出していく喜びを感じることができたように思います。

そして、今の自分の力では、お手伝いできることがとても限られるという現実も知ることもできました。自分の得たものは非常に大きかったですが、自分が組織にたいしてできたことはわずかであったと思います。力不足であった自分を変えるために、知識や技術を蓄積することと同時に、それをいかに社会に還元する方法についてこれから考えていきたいと思います。


最後に、とても忙しい時期であったにも関わらず、インターンを受け入れてくだ
さったラオスのこどもの方々、本当にありがとうございました。
【ラオス事務所:インターン 原一貴】

 

2016年3月13日 (日)

子どもたちと折り紙~インターン活動報告~

今日は、事務所併設の図書館で、子どもたちと折り紙をして楽しみました。しかし、ただ折り紙を折るだけではありません。みんなで大きなひとつの作品を作るのです!
Resize3497

みんなで魚の折り紙を折っています。男の子も、女の子も手伝ってくれました。
折って、折って、はさみで切って、たくさんの魚ができました。
Resize3499
例によってラオス語で折りかたを説明することはできなかったのですが、折り紙は実際に折って見せてあげることが簡単なので、折り紙でのコミュニケーション?ができたと思います。
また、今日は、ちょうど事務所を訪問していた、ラオス大学に通ってるDさんも一緒に活動を手伝ってくださいました。説明が不十分な部分をラオス語でカバーしてくださって、助かりました。Dさんが一人の男の子に、”この日本人の名前わかる?”と聞くと”カズキ!”と答えてくれて、覚えてくれてたんだーとうれしかったです。”カ
ズキ...スズキ!、カワサキ、ホンダ!”と名前の覚え方も面白かったです(笑)
Resize3498

みんなの作ってくれた魚を合わせて、ひとつの大きな魚を作りました。イメージとしては絵本の「スイミー」です!。魚に見えるでしょうか(^^;)上のほうには、女の子たちが作ったツルやリボンなどもあり、にぎやかになりました。
Resize3500
明日はついにインターン最終日です。また子どもたちとたのしく工作ができるようにいろいろと準備していきたいと思います。
【ラオス事務所:インターン 原一貴】

2016年3月12日 (土)

CECの子どもたち~インターン活動報告~

3月5日にCEC(Children's Development Education Center)へ行ってきました。CECは、ラオスのこどもが設立を支援したヴィエンチャン都教育局が運営する児童館のような場所で、自分が行った際も20人くらいの子どもたちが遊んでいました。

なにか遊びを考えてきた?と言われたので、「人間知恵の輪」を紹介し、やってみることに。
しかし、これが予想以上に難しかった...
Resize3493

複雑につながっている腕を解いたら、ひとつの輪になるよーと言うと子どもたちは一斉に動き出して、輪がぐちゃぐちゃになっちゃいました。
2度目のトライで腕の間をくぐったり、またいだりするんだよと説明しますが、なかなか伝わらず、英語をラオス語に訳してくれていた女の子も戸惑っていた状況でした。
仕舞いには、先生が輪に入り、一つひとつ指示を出して輪を作っていました。
Resize3494

自分としては、子どもたちが自分たちで協力していく過程が大切だと思っていたので、ちょっと残念でした。
ゴム鉄砲のときも感じたように、説明の仕方を何とか考えなければと思います。

しかし、当の子どもたちは楽しそうにはしゃいでいました。”次は次は?”と向かってくるので、今度は手遊びの「アルプス一万尺」をしました。自分もやるのが幼稚園ぶりでしたが、ちゃんと体が覚えていました。
”二人組を作って、向かい合って~、今からお手本見せるよー”とお手本を見せればみんな理解できるだろうと、一度みんなの前でやって見せました。するとすぐに子どもたちが寄ってきて”僕とやって!”と、またまた大はしゃぎ。
結局二人組でやることはあきらめて、子どもたち一人ひとりとアルプス1万尺をしました。子どもたちは覚えが非常によく、2回くらいやると、自分と同じようにできるようになった子もいました。

子どもたちの勢いに圧倒された後、図書室の中へ入りました。
Resize3495
ここにも多くの本があって、本が好き?と聞くと好き!と答えてくれました。同じ部屋の中にリコーダーや鍵盤ハーモニカがあり、とてもにぎやかでした。子どもたちの演奏は、旋律をたどるというものではなく、ラオスの打楽器に合わせて、同じ音を鳴らすようなリズムに乗った演奏でした。

その後、子どもたちは外に整列し、ラオスの伝統的な歌のようなものを歌いながら施設の庭を3周し、バイバーイといって帰って行きました。とっても元気な子どもたちで、自分もその元気を分けてもらった気がします。
いよいよ、最後の週に入りますが、元気を保ち続けていきたいと思います!
【ラオス事務所:インターン 原一貴】

2016年3月11日 (金)

図書館開設セレモニー~インターン活動報告~

サバイディー! インターンの原一貴です。

翌日、ノーンサアット中学校の図書館開設セレモニーがありました。準備を見たあとなので、多くの苦労の上に、このセレモニーがあるのだなとしみじみ感じていました。

セレモニーには、ノーンサアット中学の生徒や先生はもちろん、教育に携わる様々な方が出席しておられました。自分はこのようなセレモニーに出席するのは初めてで、どんな風に振舞ったらよいかわからず、ただ固まっていました。

Resize3442


教育関係者の方のお話、駐在員の政岡さんのお話が終わると、図書館の前へ移動し、テープカットが行われました。
Resize3446_2


Resize3443

拍手が起こり、生徒や先生が次々と中へ入っていきました。
みなさん図書館には満足されたようで、うなずきながら見て回っておられたり、笑顔で会話しながら本を手に取る方もおられました。さっそく本を読む子もいて、図書館の開設が生徒にとっていかに待ち遠しかったかがわかりました。

その後、もう一度セレモニー会場に戻り、子どもたちの本の暗唱や紙芝居劇の発表がありました。2月26日に一度見せてもらったのですが、1週間で見違えるほど上達していました。声、演技など表現に関するものがすべて向上していたと思います。とにかく、すごい!や、頑張ったんだろうなぁ!と自分も見入ってしまって、写真を撮ることを忘れてしまいました(笑)

表現を向上させる活動は、英語や数学に比べればインフォーマルな学習であると思います。しかし、自分の気持ちを伝えることはもちろん表現の一つですし、相手の気持ちを思いやることも表現の活動を通して養われるのではないでしょうか。その大切さを生徒も先生も理解した結果が、絵本の暗唱、紙芝居劇の質の向上に結びついたのかと思います。

図書館というハードをただ建てるだけでなく、それに合わせて生徒や先生の意識というソフトの面も育てていくことができた今回の活動は成功なのではないでしょうか。しかし、このセレモニーで終わりではありません。政岡さんがセレモニーで、”図書館をどのように利用していくか、これからが大切です”とおっしゃっていました。これからも生徒、先生たちが表現力の向上といった学習の目的や意図を理解したうえで、図書館を利用していってほしいと思います。
【ラオス事務所:インターン 原一貴】

図書館開設のセレモニー準備~インターン活動報告~

サバイディー! インターンの原一貴です。

今日は、現在実施中の日本NGO連携無償資金協力「中等学校の図書館整備事業」というプロジェクトの図書館開設のセレモニー準備のために、ポントーン中等学校とノーンサアット中等学校を訪問しました。

これまでラオスのこどもでは、学校の空き教室などを利用して図書室を開設していましたが、この2校は生徒の人数が多く、大きなサイズが必要なことから、図書館を建てることになりました。3月4日にノーンサアット中等学校で、3月7日にポントーン中等学校で開設セレモニーが行われます。

今回の訪問では、NGOの仕事の大変さを目の当たりにしました。校長先生とセレモニーのタイムテーブルについて打ち合わせをしたら、事前に送付していたものとは全く別の案が学校からでてきていました。

Resize3437

各方面の準備をしているので、今から時間の変更はできないと必死に説得をするラオスのこどものスタッフ。自分の考えていることをストレートに伝えることができないという状況の大変さを感じました。同時に、伝わりにくいことがわかっていても、妥協せず、説得する粘り強さが必要なのだと感じました。

図書館の建設状態も最終チェックをおこないました。いくら文章や図で示しても、最後は自ら赴いて話して、目で見て確認することがここでは大切なことなのだと思いました。

もう一つの学校では、本の搬入は子どもたちが手伝ってくれて、図書館開設を楽しみにする子どもたちの思いが伝わってきました。

Resize3439

今回の準備の様子をみて、日本の常識が通じないことを強く実感しました。その中で、相手の考えや習慣に合わせていくことは時として必要ではありますが、自分の思ったことが伝わらないと思っても根気強く説明していくことが必要なのだと感じました。

【ラオス事務所:インターン 原一貴】

2016年3月10日 (木)

ゴム鉄砲づくり~インターン活動報告~

サバイディー! インターンの原一貴です。

今日は子どもたちとの交流ということで、一緒にゴム鉄砲を作りました。
前々から図書館に来る子どもたちと一緒に何かできないかと考えてはいたのですが、ラオス語ができないからなぁとためらっていました。そこで、政岡さんからアイデアをいただき、手先を使って何かを作ることをやろうと決めました。

そこで作ったのが、ゴム鉄砲!自分が小さい頃よく作っていたことを思い出し、これならラオスの子どもたちも喜んでくれるかなと考えました。その日の朝から、試作品を作ったり、自分なりに作るときコツを考えたりしてドキドキしながら子どもたちが来るのを待ちました。
最初に図書館に来たのは4人組の男の子でした。どんな風に話しかけようかと迷いましたが、とりあえず、サバイディー。手に持っていたゴム鉄砲を見せると、1人の男の子が近寄ってきて取っていっちゃいました。どうやら、ゴム鉄砲というものがどんなものであるか知っていたようです。4人に、来て来て!と図書館の中へ手招きし、ゴム鉄砲作りがスタートしました。

子どもたちはわからないところがあると、ラオス語で話しかけます。自分は何を言っているのか想像して英語で返します。伝わっているのかなと感じつつ、割り箸を重ねたり、ゴムで縛ったりの作業をしました。

Resize3435

ゴム鉄砲の作り方を英語で説明するというのは人生初で、なんて言ったらいいんだろう...と思うときが多々ありました(^^;)

下手な説明を聞きながらでも、子どもたちは自分なりのゴム鉄砲を作り上げました。
みんないい笑顔です!
この後も子どもたちがゴム鉄砲に興味を持ってくれて、一緒に作り、楽しく遊びました。

ゴム鉄砲で遊んでいたとき、引き金を引いてもゴムが発射できない子がいました。
それを見た友達が、ゴムをかけるところを短くすればいいんだよとアドバイスをしていました。互いに助け合うことができていることに感心したのはもちろんですが、子どもたち自身に工夫する力が備わっているんだなと感じました。

Resize3434

今回、子どもたちのウケがよかったので、自分も安心しました。次回も子どもたちと一緒になってできることをやりたいと思います。

【ラオス事務所:インターン 原一貴】

2016年3月 9日 (水)

ラオスの本事情 ~インターン活動報告~

サバイディー! インターンの原一貴です。

今回は、ラオスの本事情と題してブログを書きたいと思います。

ラオスのこどもWebページのプロジェクト紹介、その中の「子どもに本を届ける」というトピックの中に、ラオスの本事情について書かれています。実際にどうなのか、ビエンチャンの町を歩いてみました。

まず、紹介したいのは、国立図書館!この写真では伝わりづらいかも知れませんが、かなり古い建物です。日本の公立図書館と比べても、小さいかなという気がします。現在新しい国立図書館が建設中だそうで、そちらは大きな図書館になるのではないでしょうか。

Resize3427

続いては、町で見つけた本屋さん!
本屋さんが少ないと聞いていただけに、偶然見つけたこの本屋さんに入ってみることにしました。中に入ると本棚にたくさんの本が!でもほとんどがフランス語やドイツ語の本でした。ラオス語の本も一応おいてありましたが、ラオスの本屋さんなのに、ラオス語の本が少ないって不思議だなって思いました。

Resize3429


次に紹介するのは、絵本屋さん!とても多くの絵本が並べられていてビックリしました。ラオスのこどもが出版している絵本はありませんでしたが、ラオスで作られた絵本がたくさんあることを知れたいい機会になりました。
ここで売られていた本にはMak Arn(=読むことが好き)と書かれていて、ラオスのこどもの図書館の愛称Hak Arn(=愛読)と似てるなと思いました。後でスタッフのスラピーさんに聞くと、Mak Arnとはラオスの出版会社の名前だそうです。

Resize3432


最後に紹介するのは、ナイトマーケットの本の屋台!ナイトマーケットに本屋がでてるのかと思い、立ち寄ってみました。絵本のほかにも小説のようなものや、English-Lao辞書など種類も豊富でした。

Resize3431


ラオスの本事情は、よい方向へ変化していると感じました。特に、ラオスの方たちが出版された絵本が売られていることや、屋台などでも本が売られているという実態があることに希望を感じました。
ラオスのこどもの活動が実を結んできているのではないかと思います。自分のインターンもその一翼を担えていたらと思います。

【ラオス事務所:インターン 原一貴】

2016年3月 5日 (土)

中学校を訪問 ~インターン活動報告~

2月26日、中学校での「図書活用研修」に同行させていただきました。
訪問したのは研修の最終日。研修を積み重ねての絵本の暗唱、紙芝居劇の発表は子供たちや先生にとってはもちろんですが、研修を行ったラオスのこどものスタッフの方々にも達成感があったのではないかと思います。

Resize0196
登場人物にあわせて声の調子や大きさを変えたり、折り紙で作った器を使ったりと、子供たちなりの工夫が見られて、活動の成果が出ているのではと感じました。

Resize0198

一緒に同行されていた、ラオスのこどもの顧問であるダラーさんにお話を聞くこともできました。今後の課題は、先生たちへの研修をいかにするのか、だそうです。子供たちを教える立場の先生たちが、子供たちへの絵本教育であったり、今回のような表現力を伸ばす活動に積極的になっていくことが、ラオスのこどもの教育活動における持続性につながっていくのではと感じました。

Resize0197

ラオス事務所がとても忙しい時期にインターンをさせていただくことになり、自分から出来ることを見つけていくことが重要だと感じる日々です。自分から行動していくことが目標です!
【ラオス事務所:インターン 原一貴】

2016年3月 4日 (金)

絵本の整理 ~インターン活動報告~

こんにちは、インターンの原一貴です。サバイディー、コーイ スー かずき。
2月23日からラオス事務所でインターンをしています。ラオスでのインターンで感じたことをブログに綴っていきたいと思います。
まず、自分の最初の仕事は、ラオス事務所にある「ラオス語絵本プロジェクト」の日本語の絵本のストックを把握することでした。
Resize0195_2
手元にあるリストと本棚にある本を確認しつつ、数を数えていく作業で、この作業自体は、その日のうちに終わりました。しかし、雑な割りに几帳面(どっちだよ)な自分は50音順じゃなきゃダメだなと思い立ち、次の日に本棚の整理をしました。さらにここでまた、50音順にしたところで、ラオス人スタッフの方が使いやすいとは限らないぞ(^-^;)、と思い、最終的に、見出しをつけた本棚が完成しました。
 
Dsc_1201_2

見出し付きの本棚はスタッフの方にとても喜んでいただき、やってよかったなと思いました。また、ここまでたくさんのラオス語を書く機会が初めてであり、図書館に来ているラオスの子供たちは、こんな風にラオス語を勉強したのかなと、子供たちの立場に立って考えるきっかけになりました。まだまだ読めない、書けない、しゃべれないの自分のラオス語能力ではありますが、子供たちがそうであったように、自分も努力して、少しは彼ら、彼女らとお話できたらと思います。
【ラオス事務所:インターン原一貴 】

2016年3月 3日 (木)

醍醐味

2月20日(土)「子どもと本をとりまくラオスの今」と題して、活動報告会を実施しました。
(http://homepage2.nifty.com/aspbtokyo/news/news_201605.htm)
詳しい報告は近日中に、ホームページの方へ掲載しますが、とても充実した報告会となりました。
参加者には、長年子どもにかかわる仕事をしてきた方、本に関わってきた方、国際協力に携わって方、企業で働きながらボランティアをしている方、”子ども”の側に一番近い大学生たち・・・・様々な世代の、いろいろなバックグランドを持った方々がいました。
意見交換では、それぞれの経験に基づく様々な視点からの意見が出されました。日常生活ではあまり一緒に話をすることがないような人々が集まることで、いろいろな話が広がり、これぞNGO活動の醍醐味だと感じます。
様々な意見を取り入れ、活動をステップアップさせていきたいと思います。
 
さて、報告会にも参加してくれた大学生の原さんが、現地でインターン活動をしています。
次回から、原さんから、初めてのラオスで感じたことやインターン活動の報告をします。
お楽しみに。
【東京事務所:赤井】
 
 

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »