« 子どもたちと折り紙~インターン活動報告~ | トップページ | 図書館という場 »

2016年3月14日 (月)

最終日~インターン活動報告~

今日はついにインターン最終日です。もう3週間がすぎたのか?と疑いたくなるほど一日一日が早く過ぎていきました。最終日かと思うと、あれもできたのに~といろいろと後悔も浮かんできたのですが、9回裏の3アウトを取るまでは、試合は終わらないぞ!などと気持ちを引き締めて事務所に入りました。


この前、ゴム鉄砲を作ったのですが、そのときの反省として、日本の割りばしで
ないと作るのが難しいということがありました。ラオスの割りばしは、日本のもののように角ばっておらず、丸いため、ゴム鉄砲には向かないのです。

その反省をもとに、前々からラオスで身近にあるものでなにか作ろうと考えていました。


そして考え抜いた今回の素材は、ペットボトル!ラオスの人もペットボトルに入
った水を買うので、どの家庭にもあるはずと思い、選びました。
Resize3501


作るものは、ミニ帽子。ペットボトルの下をカッターで切り、そこに折り紙を貼
って作りました。今回は女の子に人気がありました。ボーイズには遊べるおもちゃのようなものを考えればよかったなぁと思います。
Resize3502

作り方を教えるときも、”言葉より気持ち”でした(笑)実際にやって見せたり、ハサミで切るジェスチャーを見せたりしてみんな思い思いの作品を作っていました。


一度作り終えると、2個目を作り始める子もいてうれしかったです。また、作り
方がわからない子に対しては、わかる子が教えてあげていたりと、子どもたちの連携もバッチリでした。
Resize3503

Resize3504

最後にみんなで写真を!と思っていたら、あと5分で昼休み終わるよ~とみんな
ぞろぞろと図書館から出て行ってしまい、子どもたちにさよならを言えませんでした(;;)

一緒に作った工作を思い出したりして、今度は子どもたち自身が工夫をしながら作っていってほしいなと思います!


3週間のインターンを通して、現地のスタッフの方の日々の忙しさや困難、そし
てプロジェクトが成果を出していく喜びを感じることができたように思います。

そして、今の自分の力では、お手伝いできることがとても限られるという現実も知ることもできました。自分の得たものは非常に大きかったですが、自分が組織にたいしてできたことはわずかであったと思います。力不足であった自分を変えるために、知識や技術を蓄積することと同時に、それをいかに社会に還元する方法についてこれから考えていきたいと思います。


最後に、とても忙しい時期であったにも関わらず、インターンを受け入れてくだ
さったラオスのこどもの方々、本当にありがとうございました。
【ラオス事務所:インターン 原一貴】

 

« 子どもたちと折り紙~インターン活動報告~ | トップページ | 図書館という場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもたちと折り紙~インターン活動報告~ | トップページ | 図書館という場 »