« 中学校を訪問 ~インターン活動報告~ | トップページ | ゴム鉄砲づくり~インターン活動報告~ »

2016年3月 9日 (水)

ラオスの本事情 ~インターン活動報告~

サバイディー! インターンの原一貴です。

今回は、ラオスの本事情と題してブログを書きたいと思います。

ラオスのこどもWebページのプロジェクト紹介、その中の「子どもに本を届ける」というトピックの中に、ラオスの本事情について書かれています。実際にどうなのか、ビエンチャンの町を歩いてみました。

まず、紹介したいのは、国立図書館!この写真では伝わりづらいかも知れませんが、かなり古い建物です。日本の公立図書館と比べても、小さいかなという気がします。現在新しい国立図書館が建設中だそうで、そちらは大きな図書館になるのではないでしょうか。

Resize3427

続いては、町で見つけた本屋さん!
本屋さんが少ないと聞いていただけに、偶然見つけたこの本屋さんに入ってみることにしました。中に入ると本棚にたくさんの本が!でもほとんどがフランス語やドイツ語の本でした。ラオス語の本も一応おいてありましたが、ラオスの本屋さんなのに、ラオス語の本が少ないって不思議だなって思いました。

Resize3429


次に紹介するのは、絵本屋さん!とても多くの絵本が並べられていてビックリしました。ラオスのこどもが出版している絵本はありませんでしたが、ラオスで作られた絵本がたくさんあることを知れたいい機会になりました。
ここで売られていた本にはMak Arn(=読むことが好き)と書かれていて、ラオスのこどもの図書館の愛称Hak Arn(=愛読)と似てるなと思いました。後でスタッフのスラピーさんに聞くと、Mak Arnとはラオスの出版会社の名前だそうです。

Resize3432


最後に紹介するのは、ナイトマーケットの本の屋台!ナイトマーケットに本屋がでてるのかと思い、立ち寄ってみました。絵本のほかにも小説のようなものや、English-Lao辞書など種類も豊富でした。

Resize3431


ラオスの本事情は、よい方向へ変化していると感じました。特に、ラオスの方たちが出版された絵本が売られていることや、屋台などでも本が売られているという実態があることに希望を感じました。
ラオスのこどもの活動が実を結んできているのではないかと思います。自分のインターンもその一翼を担えていたらと思います。

【ラオス事務所:インターン 原一貴】

« 中学校を訪問 ~インターン活動報告~ | トップページ | ゴム鉄砲づくり~インターン活動報告~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学校を訪問 ~インターン活動報告~ | トップページ | ゴム鉄砲づくり~インターン活動報告~ »