« ベスト図書室 | トップページ | ソフィアさんにインタビュー »

2016年5月 8日 (日)

アクションプラン

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。
今回は「学校図書室の地域への展開事業」の中間評価3日目・最終日の様子をお伝えします。
3日目は1日目の各図書室の課題や工夫の共有、2日目の地域のベスト図書室2か所の見学を踏まえて、図書室をよりよいものにするにはどうしたらよいのか?ということをグループで話し合いました。
Resize0265_3

Resize0255
早速グループディスカッションに突入。3日目ともなると、参加者同士もすっかり打ち解けています。グループ毎に話し合った内容を発表したあと、全体でのディスカッションに移りました。

このディスカッションがまた熱かった!現場の担当者の皆さん、県・郡の教育指導官の方々、国立図書館のスタッフ、ALCスタッフ、教育スポーツ省の担当者の方も議論に加わり、侃々諤々の議論となりました。プログラムが進むほどに議論が熱くなっていく!という感じです。
Resize0258
休憩をはさんで、図書室ごとにアクションプランを作成しました。
Resize0262  Resize0266
発表後、国立図書館スタッフや教育指導官からフィードバックを受けて、その場でアクションプランに追記した図書室もありました。これからは、この各図書室のアクションプランの進捗もモニタリングしていきます。
アクションプランの一例
・毎年、新学年が始まったら1年生に図書室利用ルールを教える
・図書室をより楽しく気持ちのよい空間にするために、定期的に掃除・整理整頓を行う、読書を促すキャッチフレーズを壁に貼る、折り紙などで部屋を飾る
・生徒の読書と図書室利用への興味、関心を高めるために、校内で紙芝居やスーン(詩の詠唱)のコンテストを実施する
・授業内容の分かりやすい要約を作成して、図書室に置く
・生徒が自習できるように、回答のついているテキストブックを図書室に入れる
これで、3日間におよぶ今回のプラグラムが終了です。参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
Resize0257
私はラオス語ができないので(勉強します!)、議論の内容はスタッフに通訳してもらわないとわかりません。でも、その場の空気は同行していればわかります。この3日間、参加者の皆さんが本気でこのプログラムに取り組んでくださったこと、多くの方が熱い思いでそれぞれの場所で図書室の運営や読書推進の取り組まれていることは、本当によくわかりました。
Resize0261_2
<簡単に実施できるゲームを皆で体験。楽しそうですね。>
フアン郡では、先行プロジェクト実施時のベスト学校図書室の校長先生が、現在は郡の教育指導官を務めていらっしゃいます。なので、この方、このプロジェクトにもとても熱心に協力してくださっています。また、フアン郡の以前の教育指導官の方も読書推進に熱心に取り組んでこられた方で、文筆家でもあるんです。今回も2日目にわざわざ足を運んでくださいました。
地方でも、農村部でも、このような方々がいらっしゃるということに、今回私はとても心を動かされ、また勇気づけられました。私たちの活動が、少しでもこのような方たちの力になっていればいいなと思いますし、力になるような活動をしていきたいと思いました。それが、ひいては一人でも多くの子どもたちが読書に親しみ、しっかりと学んでいくことにつながっていくと思います。私自身、とても学ぶことが多い3日間でした。
この中間評価のプログラムはあと2回、場所を変えて実施します。あと2回、どんな方たちに会えるのか?どんな議論が交わされるのか?とても楽しみです。
【ヴィエンチャン事務所:政岡史織】

« ベスト図書室 | トップページ | ソフィアさんにインタビュー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベスト図書室 | トップページ | ソフィアさんにインタビュー »