« リコーダー&ダンス教室実施中~報告⑥~ | トップページ | インターン便り(4)~ラオス滞在あれこれ~ »

2016年8月31日 (水)

インターン便り(3)~読書感想文の提案~

サバイディー!
ヴィエンチャン事務所インターンの大原です。
先日、ニテート(教育指導官)研修に参加し、色々な本の活用方法(ゲーム、調べもの学習)について知ることができました。そこで、私からも何か新しい本の活用方法を提案できないかなあ、と考えていました。
ラオスでは、学校で本の要約を書かせるそうです。要約では、子ども達は本の内容を理解し、正解を答えることが求められます。でも、本の感想を書いたり、表現したりする機会はほとんどありません。そこで、ラオス事務所のスタッフに、読書感想文を紹介することにしました。読書感想文を書くことで、子ども達が感じたことを自由に表現し、本を読むことがもっと好きになってくれたらいいな、という想いがありました。そういう私は、子どものとき読書感想文が大嫌いだったのですが・・・。
インターネットで調べると、読書感想文の書き方のコツがいっぱいのってる!これ小学生のときに知りたかった・・、と思いつつ、それらを参考に資料作り。「モチモチの木」(ラオス語翻訳を貼り付けた本があります)を読んで、感想文の例をつくって説明しました。
14721859969751

スタッフからは、「ラオスの子ども達は、小学校3年生になっても文章が書けない子どもがたくさんいる。そういう場合はどうしたらいい?」、という質問がありました。やはり、日本とは状況が違うので、先生が補助をしたり、質問をして感想を引き出したり、状況に合わせたアレンジが必要ですね。
ラオスの教育現場にあった形で、この案を活用してもらえればとてもうれしいです!
【インターン 大原理衣子】

« リコーダー&ダンス教室実施中~報告⑥~ | トップページ | インターン便り(4)~ラオス滞在あれこれ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リコーダー&ダンス教室実施中~報告⑥~ | トップページ | インターン便り(4)~ラオス滞在あれこれ~ »