« 村のみんなでつくる地域文庫 | トップページ | 2017夏 リコーダー・創作ダンス教室<後編> »

2017年9月 8日 (金)

2017夏 リコーダー・創作ダンス教室<前編>

2017年8月4日(金)~8月20日(日)まで、学習院女子大学の学生7名が、ヴィエンチャン都内の「ラオスのこども」事務所併設図書館(以下、ALC図書館)と、子ども教育開発センター(以下、CEC)でリコーダー・創作ダンス教室を開きました。

学生のうち1名を除いて、全員ラオスに行くこと自体が初めて。見るもの聞くものすべてが初めての環境で、元気いっぱいの子どもたちと一緒に活動を作り上げました。
学生たちより報告が届きましたので<前編>と<後編>に分けてお届けします。
 
 
<前編>
■8月4日(金)~ラオスへ出発!~
サバイディー!8月4日(金)の昼に日本を離れ、無事同日の夜にラオスのビエンチャンに着きました。5日(土)、6日(日)は、ビエンチャン周辺のお店を回りました。不安だらけの入出国でしたが、親切な人たちのおかげで、明るく楽しくラオス生活のスタートを切ることができました!
 
7日(月)には、「ラオスのこども」駐在員の政岡さん、ALC図書館、CECの先生方との顔合わせがありました。子どもたちは8日からの活動予定だったのにも関わらず、今年の先生を見たい!とたくさんの子が待っていてくれました!!私は去年も参加したのですが、ちゃんと名前も覚えていてくれて、「サラ!」と手を振って待ってくれている姿はとても感動的なものでした。(報告:熊井咲良)
 
 
■8月8日(火)~活動1日目~
今年は、リコーダー「ようかい体操」「キラキラ星」、合唱&手話「世界中の子どもたちが」、ダンス「エビカニクス」に挑戦します!!ALC図書館の子どもたちはリコーダーが得意なので、難易度の高い「ようかい体操」の練習に入りましたが、聞き慣れたリズムなので、ワクワクドキドキな様子です!合唱&手話も楽しく練習に入ったのでこれからどう完成していくのか楽しみです!「エビカニクス」は日本の子どもたちに人気のダンスですが、やはりラオスの子どもたちも気に入ったようで元気に踊ってくれました。
 
Image2__2
 
レクレーションでは、シャボン玉をやりました!
予想以上に楽しんでくれて、私たちも一緒になって遊びました。

まだ初日でわからないことが多い中、明るく一生懸命頑張ってくれる子どもたちを見ると、活動が実施できて本当に良かったと思うと同時に、これからの活動がより楽しみに思いました!!
(報告:熊井咲良)



■8月10日(木)~活動3日目~
少しずつ子どもたちの顔や名前を覚えられた気がします。
子どもたちの方からも、私たちの名前を呼んでくれてとても嬉しかったです。
 
今日は保護者の方への発表会の招待状を作成しました。
みな真剣に、そして綺麗な字で書いてくれました。
中には日本とラオスの国旗を描いてくれる子も…親日家!!
 
Image7__3

招待状は無事に保護者のもとへ届いていることを願います…。
お互いの距離が縮まりつつあった3日目は、とても充実したものでした。(報告:觸澤知香)
 
 
 
■8月11日(金)~活動4日目~
皆だいぶ活動にも慣れてきました。リコーダーの進捗も順調です。
「ようかい体操」や「エビカニクス」は皆ノリノリで踊ってくれるので筋肉痛の私たちも楽しく踊ることができました。
 
Image4__3
 
ALC図書館では、日本人の田中さん一家の発表会もありました。リコーダーや歌、ハーモニカ、けん玉など、田中さんたちの発表に子どもたちは興味津々でした。
 
12日(土)13日(日)は活動がお休みの為、リコーダー&ダンス教室は一旦ここで一区切り。
子どもたちとも暫くお別れです。「ワンチャン!(月曜日)」と帰りの際に叫んでしまいました(笑)また月曜日会いましょう!!
(報告:觸澤知香)
 
 
~後編につづく~
 

« 村のみんなでつくる地域文庫 | トップページ | 2017夏 リコーダー・創作ダンス教室<後編> »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 村のみんなでつくる地域文庫 | トップページ | 2017夏 リコーダー・創作ダンス教室<後編> »