« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月17日 (金)

最近、人気急上昇の本

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。

私たちが支援している学校図書室や地域文庫で人気の本は、なんといっても絵本です。ラオスの絵本に加えて、「ラオス語絵本プロジェクト」で皆様にお送り頂いている「おおきなかぶ」や「3びきのやぎのがらがらどん」なども大人気です!絵本にラオス語の翻訳シートを貼ってラオスに届けてくださる皆様に心からお礼申しあげます。「おおきなかぶ」は、よく学校で子どもたちがお芝居にして楽しんでいます。
171031_2
ルアンナムター県のナムゲン小学校

実は、最近、人気急上昇の本があります。それはいったい何の本でしょう???
Resize0054

それはお料理の本なんです!と言っても、一見したところお料理の本だと分からないですよね?この本は、ラオスで活動する日本のNGOが作成した職業訓練のテキストブックです。ぜひ多くの方に読んでほしいと寄贈して頂きました。

私たちが現在実施している「学校図書室の地域への展開事業」* で農村部に開かれた地域文庫には、これまでお料理の本を何種類か取り揃えていました。しかし、ラオス料理の本ばかりでした。「ラオス以外のお料理の本があったらなあ!」という声を、利用者からちらほら聞いていました。また、私たちが日本のNGOということもあり、「日本のお料理の本はないの?」と尋ねられることもありました。

そこに登場したのがこの本です。この本は、ラオス料理、西洋料理、日本料理の3冊セットになっています。紹介されている日本料理は、味噌汁、豚汁、ほうれん草の胡麻和え、冷奴、かぼちゃの煮物、筑前煮、肉じゃが、おでん、サバの味噌煮、茶わん蒸し、鶏のから揚げ、天ぷら、コロッケ、とんかつ、豚の生姜焼き、お好み焼き、だし巻き卵、親子丼、五目炊き込みご飯、カレーライス、おにぎりと盛りだくさんです。
Resize0045

ヴィエンチャン県フアン郡のナプーン村地域文庫にて。
Resize0046

蔵書登録作業をしていたお母さんは、手を止めて、つい読んでしまっています。

Resize0047_2


ヴィエンチャン県フアン郡のバンドン村地域文庫でも、
Resize0052

子どもたちも手に取っています。
こちらもバンドン村地域文庫にて。
Resize0051

「へー!日本のお料理ってこういうのなんだねー」「おいしそうだねー」「作ってみようかなー」「作れるかなあ?」なんて本をきっかけに話がはずみます。1冊の本が読者の世界を広げ、新しい体験につながっていくのを見ることができて、私もワクワクした気持ちになりました。

村の子どもたちも大人たちも、本を通して新しい世界に出会えるように、引き続き支援してまいります。ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

【ヴィエンチャン事務所 政岡】

*「学校図書室の地域への展開事業」はJICA草の根技術協力事業の一環として実施しています。

2017年11月10日 (金)

ラオス最大級のお祭り タートルアン祭り

サバイディー!ラオス駐在スタッフの政岡です。

少しご無沙汰してしまい失礼しました。
ヴィエンチャンは5ヶ月にわたる雨季が終わり、乾季に入りました。ほとんど雨が降らなくなり、気温が下がって最高気温で30度くらいです。とは言っても、湿度が低いので日本の30度よりはずっと過ごしやすいです。

先日、ヴィエンチャンではラオスで最大級のお祭り、タートルアン祭りが行われました。今日は、そのお祭りをご紹介します。

タートルアンはヴィエンチャンのシンボルと言えるラオス仏教のお寺です。ヴィエンチャンに遷都したセターティラート王の命により16世紀半ばに建立されました。高さ45mの黄金の塔で、中には仏陀の骨(仏舎利)が納められているのだそうです。
1


タートルアン祭りは、毎年11月頃(太陰暦12月)の満月に行われます。全国から僧侶が集まると言われており、ラオスの仏教者にとって、もっとも重要な行事のひとつです。

お祭りの1週間ほど前から、タートルアンの前にある広場には見本市として企業やNGOのブースの出展があり、いろいろな屋台も立ち並んで、多くの人で賑わいます。

2
タートルアン広場の入口

私がおもしろいと思ったのは、立ち並ぶ屋台が食べ物や飲み物の屋台だけでなく、携帯電話や洋服、大型スピーカーやマットレスなど日本のお祭りの屋台ではありえないものがいろいろあったことです。
広場には大型ステージが設置されていて、各民族の伝統舞踊などが披露されます。
この期間、毎日夕方はタートルアン方面へ向かう道が大混雑していて、さすがラオス最大級のお祭りということを実感しました。

お祭りの最終日(満月の日)は、早朝からたくさんの人々がタートルアンに集まり、僧侶による読経が行われ、人々は一斉にお祈りを捧げます。

タートルアンは暗くなるとライトアップされるので、私は夕方からお祭りに行きました。人々は火をともしたろうそく、お花、お線香を手に、タートルアンの黄金の塔の周りを時計回りに3周回ってお祈りを捧げます。
3


3周回ったら、ろうそく、お花、お線香はタートルアンに捧げます。私も見よう見まねでお祈りを捧げました。
Photo4


日が暮れるにつれて、お参りにやってくる人がどんどん増えてきます。ライトアップされたタートルアンとお祈りを捧げる人々の姿はとても幻想的で厳かな気持ちにしてくれました。
Photo5


Photo6

仏教国としてのラオスをあらためて感じる一日となりました。

タートルアン祭りは年1回ですが、タートルアンのライトアップは毎日行われています。皆様もヴィエンチャンにお越しの際は、ぜひライトアップされたタートルアンを訪ねてはいかがですか。

ラオスより、この国の人々の、そして皆様のご多幸を心よりお祈りします。

【ヴィエンチャン事務所 政岡】

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »