« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月 2日 (月)

日本の大学生とラオスの子ども達が学ぶ

2018年2月21日~25日に、四天王寺大学の学生18名が、ラオスの3か所の小学校と子どもセンターにおいて、子どもたちとの様々な活動をおこないました。

小学校では、低学年と高学年に分けて、午前と午後に各1クラスずつ「理科授業」を実施。ラオスではあまり行われていない、実験・体験を取り入れた授業にチャレンジしました。

【糸電話を使った音の伝達を学ぶ授業】 
Siten_img_0277
糸電話を一緒に作ってみよう

Img_0359
声がきこえた?

Img_0342_3
音が伝わる時、糸がふるえているのわかる?

Img_0339
声を出すと喉もふるえているでしょ?

学生達の多くは、学校教員や国際協力の分野で働く道を目指しており、ラオスでの活動をするにあたって、準備を重ねてきたそうです。

【てこ原理を学ぶ”スポンジ飛ばし”】
Img_0326
長さによって、飛ぶ距離がどのぐらい違うかな?


【水のろ過装置を作る】
Img_0394
濁っていた水が透明になった!

Img_5801_2
どうして水が透明なったか自分の考えを堂々と発表

どんなに準備をしていても、想定してなかったことが出てくるのが現場です。学生達は、毎日試行錯誤を重ね、工夫した授業をおこないました。
その甲斐あって、どの小学校でも、子ども達は積極的に授業に参加していました。
身近な材料で作れる実験道具に、教員達も興味を持って見ていました。

Img_0528_2
子どもセンターではミニ運動会を実施。
ちょうど同施設で研修していた教育スポーツ局の職員たちも、休憩時間に、興味津々で見学していました。

Img_0408
1日一緒に過ごすと、分かれるが寂しくなるぐらい仲良しに。

このような取り組みが、ラオスの教育現場の人々に刺激となり、学校での授業に変化が出てくる日を楽しみにしています。

【東京事務所より出張:赤井】

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31