« 日本の大学生とラオスの子ども達が学ぶ | トップページ | ラオスの人との会話 »

2018年5月23日 (水)

嬉しい出会い

サバイディ―!スタッフの赤井です。

私たちがラオスで実施している活動の中で、一番長く継続しているのは、ラオス語図書の出版です。
ラオス語で読める本を子どもたちに提供したいと1990年からスタートし、コツコツとラオスで印刷出版した本は、現在までに、216種類90万冊になりました。

20161110172900_00001 20161110172900_00004

以前、ラオスの地方で出会った小学校の先生にこう言われたことがあります。
「私は今回あなたと会うのは初めてですが、あなた達の団体のことは前から知っています。
数年前に読んだ本の内容がとても心に残って、その本の裏表紙に書いてあった団体名を覚えていました。」
本の題名を聞いたら、確かに当会が10年前に出版した本の名前でした。

また、日本に来たラオスからの留学生が、イベントで私たちが出版した本をみて「この本、子どもの頃読んだことあります!」ということが少なくありません。
子どもの頃に親しんた本が、日本からのサポートで出版されていたことを知り、あらためて驚く学生もいます。

出版した本が誰かの心に残っている瞬間に出会うのは、何よりも嬉しい瞬間です。

20170602172359_00001 20161110172900_00005

当会が出版してきたラオス語の本を、今週末の「ラオスフェスティバル」http://www.deknoylao.net/news/news_201736.htm

で紹介&販売します。
興味のある方、お時間のある方、是非お立ち寄りください!

新たな本の出会いがありますように。

【東京事務所スタッフ:赤井】

« 日本の大学生とラオスの子ども達が学ぶ | トップページ | ラオスの人との会話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の大学生とラオスの子ども達が学ぶ | トップページ | ラオスの人との会話 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30