« 続・私のインターン@ラオスのこども東京事務所 | トップページ | お坊さんの学校に図書室 »

2019年7月22日 (月)

一緒に作ろう!ラオスの伝統お菓子

ヴィエンチャン事務所の渡邉です。ラオスは、7月16日は「入安居(いりあんご)祭」で、この日からお坊さんが修行をする期間に入るため、お寺にお参りに行き、もち米のお菓子などをお供えします。
今回は、その行事に関連して企画した「ラオスの伝統お菓子づくり」イベント(7月15日実施)をレポートします。

21  

イベントの準備
「子ども達に、ラオスの伝統的なお菓子の作り方をみせてあげたい」、料理が得意なスタッフ、チャンシーの発案から始まったこの企画。事務所併設の図書館でのスペシャルイベントとして開催することになりました。
開催までに、広報のチラシを作って近くの学校に周知したり、業務スケジュールを作成して、仕事の段取りを考えたり、各スタッフの役割分担を決めたり、ゲームを考案したり…と検討を重ねました。必要な食材や資材の調達、庭の草刈などの会場の整備も何とか間に合い、あとは本番を待つのみ!?

22

いよいよイベント当日!
当日は30人を超える子ども達、そして数人のお母さんが参加!
グループに分かれて、マンゴージャムと、カノムティアン(米粉の餅にココナッツとサトウキビの餡を入れバナナの葉で巻いたちまき)を作りました。

マンゴージャムは、ヴィエンチャン事務所の庭で採れた大量のマンゴーを、鍋でグツグツ煮込んでいきます。本当は、チラシのような「のしマンゴー」(ペーストを伸ばして天日干しにし、ロール状に巻いたもの)を作りたかったのですが、お天気と時間の関係で今回は断念。お砂糖ゼロで、マンゴーの天然の甘み100%の美味しいジャムが出来上がりました。

32

カノムティアンは、バナナの葉をカットしたり、お湯にさらして、乾かしたり…、米粉をこねたり、中に入れるココナッツとサトウキビの餡を作ったり…。

33

34

35
その後、みんなで一緒に、お餅に餡を包んでバナナの葉っぱを巻きしました。
スタッフや一緒に来たお母さんに教わりながら、何個かやっていくうちに、だんだんキレイなピラミッド型に成形できるように。全部で300個近く作りました。みんなお疲れさま!

36_20190722163501

ここでふざけてたやんちゃ坊主たちは、スタッフのチャンシーに、「アンタら、そんなに言うこときかへんのやったら、もうお昼抜きやで!お菓子も持って帰られへんからね!」(←雰囲気:関西弁風)と、オカンパワーで一喝される一幕も(笑)。

昼食は、クァミー(ラオス風焼きそば)とタンマックフン(パパイヤサラダ)。
これも、パパイヤを削いだり、麺を絡めたり、子ども達が手伝ってくれました。

Img_8502-s

昼食後は、“ゲーム・クァイクァイ!”(「バナナゲーム」、ラオスでバナナはマックァイ)をして遊びました。スタッフ考案のこのゲームは、先ずみんなでバナナに関する物語の本を読み、その後グループに分かれて、バナナのいろんな使い方を出しっこするゲームです。

37

38

日本では、バナナは果肉の部分を食べるだけですが、ラオスでは、今回のカノムティアンのように葉っぱも、そして花も、茎の部分も全部使います。3グループに分かれ競争し、子ども達が出し合った答えは、なんと40個以上!

39

310

最後に蒸しあがったカノムティアンとマンゴージャムをもらって、みんな嬉しそう。自分で作ったお菓子は一段と美味しいよね。マンゴージャムは子ども達に大好評で売り切れ、カノムティアンもなかなかの出来です!
翌日の「入安居祭」のお寺へのお供えにも、重宝しました。

311

312

そして反省会
2日後のスタッフミーティングで、イベントの振り返りをしました。
「子ども達が、興味を持ってくれたのが良かった」
「お菓子の作り方を覚えてもらえた」 と良かった点があがる一方、
「予定の時間より、大幅に延長してしまった」という反省点も。
どうしてそうなってしまったかな?と聞くと、「子ども達がなかなか指示に従ってくれなかったから」と答えたスタッフに、「イヤイヤそうじゃないでしょ!私たちの段取りが悪かったり、ちゃんと説明が出来ていなかったからでしょ~」と他のスタッフたちからツッコミが入ったり・・・

日本では当たり前の、事前に計画を立て事後に振り返り次回に役立てるという習慣が、ラオスにはありません。こうしたイベントや活動を繰り返すことで、ヴィエンチャン事務所のスタッフ自身が成長していってほしいな…と願う今日この頃です。

ラオスの豊かな文化を伝える
今回みんなで手作りした「カノムティアン」と「マンゴージャム」、そしてバナナの様々な使い方など、ラオス人の知恵は、すごいなぁ~と感心しました。
その一方で、現在では家で手作りする機会がどんどん減り、どんなふうに作るか知らない、経験したことのない子ども達が増えています。

今後も、このようなイベントや図書館活動を通じて、私たち「ラオスのこども」が、ラオスの文化の素晴らしさとそれを受け継いでいくことの大切さを伝えていけたら…と考えています。
【ヴィエンチャン事務所:渡邉】

« 続・私のインターン@ラオスのこども東京事務所 | トップページ | お坊さんの学校に図書室 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・私のインターン@ラオスのこども東京事務所 | トップページ | お坊さんの学校に図書室 »