« カオプンパーティー | トップページ | はじめまして! ラオスインターン »

2019年9月27日 (金)

『おおきなかぶ』の魅力

ヴィエンチャン事務所の渡邉です。
先日のブログでも紹介があったように、「おおきなかぶ」はラオスの子どもたちに大人気です。

スタッフから、とっても人気なんだよ~、ラオスの子ども達はこのお話、みんな好きなんだよ~、とは聞いていたのですが、今回ヴィエンチャンの2つの学校訪問で、実際にその    人気ぶりを目撃するチャンスに出逢いました。

先ずは、ナーサンパイ小学校。

ここでは、ベテランスタッフのチャンシーが『おおきなかぶ』の絵本を手に、読み聞かせをしました。
Img_2018

チャンシーは、“「ラオスのこども」で一番の読み聞かせ上手”と、スタッフから定評があります。
普段はちょっと控えめな彼女が、ひとたび語りだすと、その感情たっぷりの臨場感ある語り口に、聴き惚れてしまいます。
子ども達は、もう夢中。
お話を聞き漏らすまいと、くいいるように見つめます。
Img_2017

この絵本の読み聞かせの楽しいところは、子どもたちが参加できること。
「おーい、おばあさんや!一緒に引っぱっておくれ!」
「来ておくれ、来ておくれ~」
チャンシーの呼びかけに、最初は、前に出るのを恥ずかしがっていた子どもたちも、物語が進むにつれ、私も!僕も!と、どんどん手が挙がります。

Img_2040

「1(ヌーン),2(ソーン),3(サン)! うーーん!」とカブを引っ張るときのチャンシーの真剣な表情と、子ども達の楽しそうな顔(笑)。
Img_2042

次は、ノーンニアン小学校。
ここでは、若手スタッフのスアイが子どもたちと一緒に劇をしました。

「あ~今日はいい天気だなぁ~。おぉ!こんなに大きなカブがあるぞ!」 
職場ではクールなスアイが、役になりきっている姿にびっくり。
おじいさん役の彼女がカブを見つけると、これから始まるお話の展開に、カブ役の男の子は笑いをこらえています。
_20190913_moment13

スアイが「イヌの次は誰に引っぱってもらうの?」と声をかけると、
観ている子どもたちが、一斉に「ネコ!」と答えます。
イヌ役の子は、ネコ役の子に、「カブを抜くの手伝って~」と呼びかけます。
「ネコの次は?」「家ネズミ!」、「次は?」「野ネズミ!」
アレッ?ネコの次はネズミが2匹も出てくるんだったっけ?
_20190913_moment11

こんな風に、状況に合わせてアレンジ出来ちゃうのも、この絵本劇の面白いところ。
きっと、何度も読んでも、何度も聴いても、何度も演じても、『おおきなかぶ』は楽しいんだろうなぁ。

70734799_474325506755873_334416954650315

そして、そんな子どもたちの笑顔をみるのが、何よりも嬉しいのがうちのスタッフ達。
読み聞かせをする時のチャンシーの顔は、いきいきと輝いています。スアイはこの劇のために、前の晩に夜なべしてお面を作っていました。

ヴィエンチャン事務所のスタッフ一同、もっと、もっと、たくさんのラオスの子どもたちに『おおきなかぶ』の楽しさを届けられるように、願っています。
『おおきなかぶ』ラオス語版出版のために、引き続きご協力をお願いいたします。
詳しくはこちらをご覧下さい。


読み聞かせや劇の様子をもっとご覧になりたい方。以下をどうぞ。
チャンシーの読み聞かせ動画はこちら
スアイの絵本劇動画はこちら

【ヴィエンチャン事務所スタッフ:渡邉】

 

 

 

 

 

 

 

 

« カオプンパーティー | トップページ | はじめまして! ラオスインターン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カオプンパーティー | トップページ | はじめまして! ラオスインターン »