« 『おおきなかぶ』の魅力 | トップページ | 図書館の建設inポンサイ中等学校 »

2019年10月 4日 (金)

はじめまして! ラオスインターン

はじめまして!東洋大学社会学部社会文化システム学科4年の加藤萌音です。
9月11日から12月中旬までの約4か月間、ラオス事務所でインターンをします。ラオスへ来る前は、東京事務所でもインターンをしていました。
私がラオスと出会ったのは大学2年のゼミで、ラオスコーヒーや教育について学び、スタディツアーに参加したことがきっかけでした。その中でラオスの文化や人に出会い、ラオスという国を知っていくなかで、学んだ先に何が出来るか、もう少し関わりたいと思い「ラオスのこども」でインターンをさせていただいています。

インターンが始まって約3週間が経ちますが、この短い間にもとても刺激的な活動に参加しました。
「ラオスのこども」を長年支援して下さっている方がヴィエンチャンの学校訪問をされた際には、ワークショップを拝見し、今後の活動のヒントをいただきました。

Photo_20191004215001
(小学校でのワークショップの様子)

また、「ラオスのこども」が請け負っている奨学金事業説明会では、子どもが学ぶ環境と機会について改めて考えさせられ、今まで学んできたこととは違う視点からラオスの教育に対して向き合う機会を得ました。
もちろん、事務所に併設している図書館にやってくる子どもたちとの交流も刺激的で、日々の励みになっています!

Photo_20191004215101
(「ラオスのこども」事務所図書館にて)

今回のインターン期間中に、図書館に来る子どもたちに対してワークショップを開催しようと考えています。子どもたちの日々の生活の中に少しだけ非日常的で、「楽しい!」「もっと知りたい!」というような学びに繋がることが出来ればと思います。
また、事務所のラオス人スタッフの方々ともコミュニケーションをとっていき、よりよいものが出来るよう取り組んでいきます。
これから約3か月、インターンで出会う様々なラオスの側面ときちんと向き合って、充実したものとなるよう頑張っていきたいと思います。

【ヴィエンチャン事務所インターン:加藤萌音】

« 『おおきなかぶ』の魅力 | トップページ | 図書館の建設inポンサイ中等学校 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『おおきなかぶ』の魅力 | トップページ | 図書館の建設inポンサイ中等学校 »