« 中学校の図書館整備事業の評価 ① インタビュー調査、分析  | トップページ | “コロナウィルス、ラオスの状況” その② »

2020年3月29日 (日)

中学校の図書館整備事業の評価 ② 評価会議、ワークショップ

前回からの続き、日本NGO連携無償資金協力「ビエンチャン県における中学校の図書館整備を通した読書推進事業」の評価のレポートです。
評価会議では、先ずヴィエンチャン事務所長のスラピーから、プロジェクト概要について、今回の評価方法について説明をしました。
Photo-2

次にスタッフのスアイが、「図書館建設・開設」「教員・生徒向け研修」についての評価分析を行ないました。
Img_2160-2

引き続きスタッフのスラートが、「関係機関との協働枠組みの構築」「モニタリングと評価」について、評価分析を行ないました。
Img_2175-2

最後に、会議参加者全員で、評価の内容について意見交換しました。各出席者からは図書館について概ね良好な評価をいただき、「まだ開館して3ヶ月足らずなので、今後の経過をしっかり観察するように」「県、郡、村教育開発委員会、学校との連携が良くとれている」「予算についても評価に入れるように」などの意見が出ました。
Img_2168-2

「ラオスのこども」からは、今後に向けて以下の事項を提案しました。
・ラオス政府の教育政策に基づき、村教育開発委員会が事業実施に参画すること、各関係機関の連携を図ることが推奨される。
・村教育開発委員会は、図書館の向上のために、図書館の運営計画を作成し「学校開発計画」のなかに盛り込むようにする。
・郡教育局は、図書館の状況を見守り、状況に応じて指導することに努める。
・「ラオスのこども」は、教員向けに教科指導につながる図書館活用の研修を提供する。
・村教育開発委員会は、保護者や地域住民が学校図書館に来館し活用するよう、広報に努める。

評価会議終了後の午後からは、県・郡教育局の関係者と、村教育開発委員会と父母会の代表、副校長、図書館担当の先生とで、スモールワークショップを開催。2つのグループに分かれて、図書館を運営・利用する先生やボランティア、一般生徒のインタビュー回答をもとに、課題や要望を掘り起こし、今後の運営について、どのようなサポートが必要なのか検討しました。
88198849_2929195397143295_38985445075236

県・郡教育局や村教育開発委員会、副校長などを前に、はじめは意見を言うのも緊張していた図書館担当の先生たちでしたが、話し合いを進めるにつれ、各グループからは、「図書業務のためにパソコンやプリンターを購入したい」「地域住民の入館を増やすために、オープンデーなどを開催してはどうか?」「卒業生など関係者に向けて、Facebookを作成し広報活動するのは?」などのアイディアが出てきました。

今回の話し合いが、実際に村教育開発委員会が策定する「学校改善計画」のなかに、図書館運営計画として盛り込まれるといいなぁと、思っています。そして、今回の評価・ふりかえりを、ポンサイ中等学校図書館の2年目と、2年次に新たに開設するサカ中等学校とヒンフープ中等学校の学校図書館支援に役立てていきたいです。

【ヴィエンチャン事務所:渡邉】

« 中学校の図書館整備事業の評価 ① インタビュー調査、分析  | トップページ | “コロナウィルス、ラオスの状況” その② »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学校の図書館整備事業の評価 ① インタビュー調査、分析  | トップページ | “コロナウィルス、ラオスの状況” その② »