« ALC奨学金選考のようす | トップページ | 『おおきなかぶ』ができるまで »

2020年4月15日 (水)

コロナウィルス、ラオスの状況 その③

ヴィエンチャン事務所の渡邉です。

ラオスでは現在、首相令により不要不急の外出は禁止です。ヴィエンチャン事務所のスタッフは4月19日まで在宅勤務ですが、スラピー所長と渡邉は、家からオフィスが近いこともあり、週に2回程度、事務所に立ち寄り安全確認等を行っています。
今回はそんな特別出勤時の一コマをお届けします。

ヴィエンチャン事務所の入口の門扉には、コロナのため事務所をお休みするお知らせを記した垂れ幕を貼っています。
92627875_893157494480168_231755146801971

いつもは、みんながいるオフィスも、ひっそりと静まりかえっています。子どもたちのはしゃぐ声が聞こえてくる図書館も、がら~んとしています。
何だか独りの事務所は寂しい・・・
各部屋の扉や窓に異常がないか確認して、ふと窓の外を見上げてみると―
Mango
見えますか?マンゴーが鈴なりになっているのが・・・

ヴィエンチャン事務所の裏庭には、マンゴーの木が沢山あり、今が旬なんです。去年は、スタッフと休憩時間のたびに食べたよなぁ~、冷蔵庫の中いっぱいになるまで採って、マンゴージャム作りのイベントも子ども達としたよなぁ~と、思い出して、今年もこんなにマンゴーが沢山なってるのに、みんなと一緒に食べられないなんて~(泣)と、しみじみしていると、Facebook Messengerのグループにスラピー所長から写真が届きました。(今、スタッフ達は毎日このMessengerグループで、健康状態や業務報告などの連絡を取り合うようにしています)

92184194_237917270733720_130085947986411
アレ?コレはうちの事務所の台所!? スラピー所長来てたの!

この日は用事があって、スラピー所長と会うことになっていたのですが、来ないなぁ・・・と思ったら、庭先でマンゴーを収穫していたようです(笑)。
昨日の晩が雨だったので、どっさり。そしてスラピー曰く、今年はマンゴー、例年にない豊作らしいです。

そしてお昼は・・・ラオスの定番料理、ラープ(細かくした肉をハーブと混ぜたもの)とカオニャオ(もち米)。
92894533_756451064887659_536863712346321

実は私、3月半ばに日本からラオスに戻ってきてから、2週間の自宅待機やその後はロックダウンで周辺の食堂は閉店になってしまい、まだ一度もちゃんとしたラオス料理を口にしていませんでした。日本に一時帰国していた時から、ラオス料理が恋しくなっていて、せっかくラオスに戻ってきたのに食べれないなんて~と思っていたところ、Messengerグループにスタッフが送ってくる「今日のごはん(ラオス料理)なう」の写真に悶絶・・・そんな状況を知ったスラピー所長が、家の近所の美味しい食堂で、アヒルのラープを買ってきてくれたのです。スラピー所長、ホントにありがとう~

帰りがけ、スラピー所長は今晩のおかず用に、庭に生えている草を採っていました。
私は雑草と食べられる草との区別がつかないのですが、うちのスタッフを含めラオスの人達は“この草はこうやって食べると美味しいよ~”というのを本当によく知っています。
日本人の場合だと、今回のコロナの影響で、スーパーから食料品がなくなったら大騒ぎになってしまうと思いますが、こういう時にラオス人は強いよな~逞しいよな~と思いました。
こんな感じで、スタッフも私もラオスで元気にやっております。

【ヴィエンチャン事務所:渡邉】

« ALC奨学金選考のようす | トップページ | 『おおきなかぶ』ができるまで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ALC奨学金選考のようす | トップページ | 『おおきなかぶ』ができるまで »